車をぶつけた!修理代や保険などの対応はどうした?

車 ぶつける 衝突 事故

車をぶつけた時は、気が動転してしまい、どのように対処すればいいのかわからなくなってしまいます。

修理代や保険なども心配ですよね?!

そこで、実際に車をぶつけたことのある男女30人に、どのように対応したのか聞きました。

調査実施日:2018年01月06日~2018年01月07日

調査方法:インターネット調査

対象者:自動車を保有している男女

人数:30人

実施者中古車売却の田三郎

回答して頂いた方、誠にありがとうございます。

それぞれの対応した方法を聞いて、実際に自分だったらどうするのかシミュレーションしてみるのがオススメです。

すでに車をぶつけてしまった人は、今後、どうすればいいのか参考にしてみてください。

目次

スポンサーリンク

車をぶつけた!修理代や保険などの対応はどうした?

車 ぶつけた 事故

以下の()は、(事故を起こした時に乗っていた車/性別/年齢/住所/職業)です。

ガードレールに衝突

道路を走行中に助手席に置いてあった荷物が滑り落ちたので、手を伸ばして拾おうとしました。

その時、目線が助手席の足元に行って、前を見たら目の前がカーブでブレーキを踏みましたが止まりきれずガードレールに衝突してしまいました。

相手の車や歩行者もいなかった為、単独事故でした。

ガードレールは幸いな事にほとんど傷もなかったのですが、私が乗っているフィットがバンパーに大きな損傷がありました。

私自身も怪我はなさそうでしたが、念のため保険屋さんに連絡して指示を仰ぎました。

相手もいなく怪我もなく、ぶつかったガードレールもほとんど傷がなかったなら警察に連絡する必要もないとの事。

フィットの傷の修理、三万円以内なら車両保険も使わない方がいいとの事でした。

(フィット/男性/41/静岡県浜松市西区/小売業の販売)

自宅近くの曲がり角で車をぶつけた

買い物から帰宅する際に、自宅近くの曲がり角で車をぶつけてしまいました。

曲がり角が直角になっていて、普段から曲がりにくいので気を付けてはいました。

しかし、事故当日は雨で視界が悪く、少し考え事をしていて気を抜いていたのかもしれません。

不幸中の幸い、自分ひとりの単独事故だったのでケガなどはありませんでした。

自損事故ですが、すぐに契約している保険会社のアクサダイレクトに電話し、事故の報告をしました。

自走可能だったため、オペレーターさんの指示通り、そのまま運転して帰宅しました。

車が傷ついてしまいましたが、ぶつけた場所にも目立った破損はなかったので大丈夫とのことでした。

保険料があがってしまうので、自身で修理をすることにしました。

(カローラ/女性/31/奈良県磯城郡/専業主婦)

スーパーの駐車場内で、駐車してあった車に接触

スーパーの駐車場内で、駐車してあった車に接触してしまいました。

お相手の方がその場にはいらっしゃらなかったため、警察へ電話して警察が来るまで待っていました。

警察が来たため、その後、お店の方へ事情を説明して車の持ち主を呼び出すアナウンスをしていただきました。

すぐにはいらっしゃらなかったため、駐車場で20分ほどお待ちしていました。

その間に自身の保険会社へ連絡し、今後、どのように段取りを組めばよいのか、何を確認しておけばよいのかを指示していただきました。

そうこうしていたらお相手の方がお戻りになられたので、事情を説明し、謝罪しました。

警察へは連絡済みであること、保険会社へも連絡をしており、修理等の賠償の話をしていただきたいことを説明しました。

大きな損害ではなかったこと、人が乗っていなかったためけが人は当然いないこともあり、責められたりすることはありませんでした。

あとは保険会社が段取りを組み、事故翌日と修理後、示談完了後の3回、謝罪とご挨拶に行きました。

(タント/男性/27/熊本県熊本市/金融機関事務職)

駐車場に隣接している民家の壁面に車をぶつけた

学生時代に借りていた駐車場での出来事です。

急いでいたのと、冬で駐車場内が凍結していたため、出発する際に駐車場に隣接している民家の壁面にぶつけてしまいました。

車のテールライトとブレーキライトが破損しました。

民家の壊れた箇所が無いかを確認後、民家の住人に報告をし、警察に連絡しました。

警察が来るまでに住人と共にぶつかった箇所等を確認し、家は築年数も古く、損傷も無いことから、特に問題はないと言われ、警察にもその旨を伝えてもらいました。

その後、ぶつけた民家の住人からは名前・住所・連絡先を教えてもらい、加入していた東京海上日動に連絡をし、相手方に連絡をしていただきました。

丁寧に対応していただき、大変安心しました。

(カローラⅡ/女性/32/宮城県仙台市/専業主婦)

脇道に止めていた車のサイドミラーに接触

夜間、仕事から帰宅中、車内で音楽を聴きながら裏道を運転していた際に、脇道に止めていた車のサイドミラーに私の車のサイドミラーの端が接触し、私の車のサイドミラーのカバーがはずれかけていたようで、数十メートル先に私のサイドミラーのカバーが落ちました。

夜間で見通しも悪く、車内では大音量で音楽を聴いており、かすったことには気づかず次の日の朝にカバーが外れていたことに気づき、すぐに警察に連絡して事故の状況やいつぶつかった可能性があるのか話しました。

私の車が当たってしまった車の所有者もかすり傷に気づき、警察へ連絡しており、その事故と一致するため、その方の家に訪問し、謝罪や連絡先を交換しました。

その後、車の保険会社の方に連絡し、後の対応は保険会社の方がすべて行ってくれました。

(デミオ/男性/25/岡山県倉敷市/医療・福祉業の生活相談員)

赤信号で停車中、後方から来たトラックにぶつけられた

大きな交差点を右折しようと右折専用レーンに入りました。赤信号だったので停車していたところ、後方から来たトラックにぶつけられました。

一瞬なにが起こったのか理解するのが難しかったのですが、すぐに事故を起こされたことに気がつきました。

右折したところに駐車スペースがあったので、そこに駐車しました。

追突したトラックも同じスペースに駐車したので、そこで、その運転手と話し合いを行いましたが、自分が事故を起こしておいて対応に不誠実さを感じたために、すぐに地元の警察署と加入している損害保険会社へ電話連絡しました。

10分程度でまず警察の方が来られて、ついで損害保険会社の担当者さんが来てくれました。

自分自身ではとても対応できる状況でなかったため、代わりに加害者と交渉してもらい、非常に助かりました。

(ライフ/女性/50/和歌山県和歌山市/専業主婦)

家の前の駐車場から出てきた車とぶつかる

買い物から戻り、自宅の駐車場に停めようとしたときです。

家の前の道は狭く、バックで入ってこないと駐車場に入れません。

いつも通りゆっくりとバックしたら、家の前の駐車場から車が出てきました。

(その車とぶつかりました。)

そんなに傷はありませんでしたが、警察を呼びました。

その後、家で加入している東京海上の担当の方に連絡しました。

私の車がバックしていたのに出てきて、私の車の右前と相手の車の前がぶつかった形です。

私の担当の方は、とにかく詳細を文章で残しておいてくださいとアドバイスしてくれました。

相手の方の対応が悪く、嫌な気持ちになりましたが、私の主人が整備士だったこともあり、家の車は主人に直してもらいました。

(フリード/女性/52/神奈川県横浜市/専業主婦)

左方向から止まれを無視して突っ込んで来た車と衝突

十字路を右折しようとした際、左方向から止まれを無視して突っ込んで来た車と衝突しました。

その時は、パニックになってしまいましたが、助手席に家族が乗っていた事もあり、家族の指示ですぐに車を停車し、警察を呼びました。

警察が来る間、自身が加入していたSBI損保の任意保険会社に連絡し、ぶつかった時の状況と怪我の具合を話しました。

また相手と連絡先及び保険会社の連絡先を交換しました。

警察が到着し、その場でなぜぶつかったのか、その時の状況を詳細に聞かれました。

トラブル防止のためか、警察官が2人来て、別々に事情を聞かれました。

また交差点付近での衝突は、相手が止まれを無視したからといって、恐らく過失割合が10対0にはならないと思うので、保険会社とやりとりして下さいと言われました。

相手の保険会社は、怪我の確認を事務的に確認した後、こちらの心配もせずに話を進めて来たので腹が立ちました。

やり取りは保険会社の担当者同士にほぼ全てお願いして、車を修理してもらいました。

過失割合を決める際も、かなりもめ、無駄な労力を使ったので、もう二度と事故は起こさないようにしたいです。

(ファンカーゴ/女性/29/千葉県船橋市/医療技術職の理学療法士)

玉突き事故

中央分離帯へ車をぶつけた

二車線の国道を走行中、右車線から左車線へ車線変更をしようとしたら、すごいスピードでトラックが来たため、あわてて右へハンドルを切ったところ、中央分離帯へ車をぶつけてしまいました。

ハンドルがくるくる回る状態で、自分の力ではどう頑張っても車を左端へ持って行くことができませんでした。

車を降りたところに、バイクの方が近付いて来て「大丈夫ですか?手伝います」と声をかけてくださいました。

すぐに発煙筒をつけて道路に置いてくれ、車を左端まで移動してくれました。

その後は、自分で知り合いに紹介をしてもらった自動車の修理会社へ電話をしました。

あとは、その修理会社が保険会社への連絡や車の移動を全てやってくれました。

初めての事故で全く対処がわからなかったため、親切な方々に本当に助けられました。

(ムーヴ/女性/36/広島県広島市/専門サービス業の税理士)

電柱に左のミラーがぶつかる

仕事場への通勤途中に、狭い路地を走っていました。

対向車が来たので、左に寄せたら思ったよりも寄せすぎてしまい、電柱に左のミラーがぶつかりました。

しかもスピードも落としきれていなかったので、結構な勢いでぶつかり、ミラーがまるまる吹っ飛んでしまいました。

そのまま走ると危ないので、とりあえず車を停め、行きつけのカーディーラーに電話をして修理の予約をとりました。

次の日の予約だったので、その日はとりあえずそのまま仕事に行きました。

修理代は3万円程度だったので、保険料が高くなるよりはマシだと考え、車両保険は使いませんでした。

次の日、無事に修理に出して1週間ほどで帰ってきました。

通い慣れた道だったので、油断があったのだと思います。

気をつけようとつよくおもいました。

(スイフト/女性/27/宮城県石巻市/家庭教師)

住宅街の交差点での、出会いがしらの衝突事故

住宅街の交差点での、出会いがしらの衝突事故でした。

直ぐにしたことは、どちらかに一時停止の標識が有るのかを確認しました。

私の、一時停止の見落としでした。

直ぐに相手の方の状態を確認して、先ずは警察に連絡、そして、私が加入している保険屋さんに連絡して、レッカーの要請をして、自動車整備工場に連絡して、整備の段取りを取りましたが、古い車で、車両価格が安かったので、廃車になってしまいました。

後は警察が来て、物損事故で処理され、相手の保険屋さんと話、最後は保険屋さん同士で、話してもらうことで相手も了解して、後は保険屋さんに任せて、自分の保険屋さんとは電話で連絡を取っていましたが、無事に事故の処理も終わり、また違うサニーに乗っています。

(サニー/男性/62/北海道江別市/無職)

車を運転中に交差点で曲がってくるトラックと激突

車を運転中に交差点で曲がってくる車と激突しました。

相手はトラックで、こっちは結構へこんでしまいました。

警察を呼びましょうという事になって、警察に事情を説明しました。

相手側のトラックを乗っている人は、向こうの注意不足で起きたと言って、相手側のトラックの運転手は警察に電話しました。

会社にも電話をして、相手側は大変そうでした。

私も自分で運転をしていて、急に向こうの方から確認もせずに突っ込んできたので、ぶつかったこっちも悪かったけど、警察で調べてもらったら向こうが8でこちらが2悪いという事になりました。

任意保険に入っていて、相手側からも修理代をもらう事が出来たので良かったです。

もらい事故でも、事故は嫌だなと思いました。

(エクストレイル/女性/30/新潟県新潟市/食品製造業)

左折しようとしていた軽自動車にぶつかった

熊本県に転勤でアパートを借りていた時の事です。

友達の家に子供を連れて遊びに行く途中、交差点を曲がり、直進していると、子供の哺乳瓶が落ち、子供が泣きだしてしまいました。

信号もない場所だったので、片手で取ろうと一瞬目を離したところ、スーパーの駐車場に入るため左折しようとしていた軽自動車にぶつかってしまいました。

すぐに車を降り、相手に怪我がないか、子供にケガはないか確認した後、警察に連絡しました。

同時に事故を起こしたことをディーラーに電話し、保険会社に電話するようにアドバイスを受けました。

ディーラーの方がすぐに来てくれ、あいおい損保の担当者と電話で事故後の対応について話してくれました。

その時に、事故でへこみが出来た場所の写真と、相手の名前、連絡先、住所、ナンバープレート等をメールで担当者に送りました。

等級は下がりましたが、色々な手続きについて教えてくれたり、任意保険に加入していてよかったと思いました。

(タント/女性/37/大分県大分市/スーパーでレジのパート)

駐車場から2車線の道路へ出る時にレクサスに車をぶつけた

近所の100円ショップの駐車場から2車線の道路へ出る時に、追い越し車線を走っていた車が親切にも私が道路に出るのを止まって待ってくださったのですが、その横の通常の車線を走っていたレクサスに車をぶつけてしまいました。

当時、わたしは実家に住んでいたので、まず父親に電話して現場に来てもらいました。

たまたま100円ショップの横にトヨタのディーラーがあったので、そこの方々が警察に連絡してくださり、車を移動させてもらって、そこの駐車場で警察とともに現場検証をしました。

私は初めての事故で気が動転していたので、父親が来てくれたこと、ディーターの方々に感謝でした。

相手の方と連絡先を交換して、改めてご連絡することを約束し、父親が加入している杉野保険というところに連絡して、対応して頂きました。

後日、相手の方とその助手席にいた方に、菓子折りを持って謝罪しに行きました。

被害者の方のレクサスは新車であったため、かなり立腹されており、菓子折りを受け取られず、「誠意を見せろ」と怒鳴られました。

これ以上、当人同士が深くかかわることはせず、あとは保険会社の方にお任せして事を済ませました。

(ミライース/女性/32/大阪府藤井寺市/派遣社員 調剤薬局勤務)

タクシーに突っ込む

函館市の函館山の元町公園からの下りの道で起きました。

その日は雨が降っていて、雪が雨で溶けていた時に、前に走っていたタクシーが急に止まった時に、こっちも止まろうとしてブレーキを掛けたら、マンホールの上で止まらなくってタクシーに突っ込んでしまいました。

降りてタクシーの運転手と話をして、謝り、タクシーの当たった所を2人で確認して、その個所の写真を撮り、ブレーキを踏んだ後から写真を撮ってから、保険会社に連絡を取りアドバイスを受けて、タクシー会社の運転手から名前、住所、電話番号、生年月日、ナンバープレイと、タクシーの会社とかをメモに取り、保険会社から後から連絡が有りますと伝えて、警察が来るまで事故の影響とかを話して、警察が来たので事故の状況と車もそんなに壊れていないし、ケガ人もいなかったので、保険会社から後で電話があるとことを伝えてその場で解散となりました。

東京海上さんの保険に入っていて助かりました。

(セリカ/男性/53/北海道函館市/無職)

アクセスとブレーキを踏み間違え、停まっていた車にぶつかる

わたしが車をぶつけたのは、娘を預けている保育園の駐車場でした。

駐車の際にバックして切り替えようとした時、アクセスとブレーキを踏み間違えてしまい、停まっていた車にぶつかりました。

すぐに降りて確認したところ、お互いの車に目立った破損や傷はありませんでしたが、明らかにガシャン!とぶつかった音や衝撃があったため念入りに確認していたら、相手の車の方も保育園から出てきて事情を説明しました。

幸い顔見知りの人で丁寧に謝罪し、点検、修理をしてお詫びをしたいと申し出ましたが、傷はないし元から傷だらけの車だから大丈夫!と言われました。

何度も丁寧に謝罪しましたが相手は気にしておらず、保険や賠償もいらないというのを、やはりこちらの気が済まなかったため、次の日に菓子折りとガソリンスタンドのプリペイドカードをお渡ししました。

相手は驚いて遠慮していましたが、受け取っていたたき、今では以前と変わらず接してくださっています。

やはり、誠意を見せておくことは重要だと感じました。

(エディックス/女性/27/大阪府大阪狭山市/保育士)

脇見運転をしてしまい側溝に脱輪

会社の帰宅時に、会社の駐車場から出て100mほどで脇見運転をしてしまい、側溝に脱輪してしまいました。

大きな音がしたので、近所の住民の方が側溝にブロックを入れて救助を手伝ってくれました。

それから警察を呼び、損保ジャパンに電話しました。

サイドミラーが割れておりレッカーが必要だったので、即座に手配してもらえました。

事故対応のオペレーターは怪我がないか配慮してもらい、不安だったのが安心できました。

自損した際に敷地内の雨どいを壊してしまったので、翌日、謝罪に向かいました。

雨どいを壊してしまった会社は取引先だったため私の会社からも謝罪してくれ、弁済は不要と言ってもらえました。

任意に入っていれば動転している自分を静止してくれ、高額な修理料金も保険適用できるので、加入しておくのは当たり前だと感じます。

(N-BOX/女性/33/岡山県倉敷市/製造業事務員)

自分の不注意でパート先の店舗の駐車場で事故

仕事帰りに、自分の不注意でパート先の店舗の駐車場で事故を起こしました。

夜のことだったので、すごく慌てたのですが、まず最初に車の外に出て人を巻き込んでいないかを確認しました。

幸い、バック時に乗り上げた自損事故だったので、そのままお世話になっている保険代理店の方にお電話しました。

その後、損保ジャパンの方からお電話を頂き、後日車の様子を見てもらうことになりました。

現場に来ていただいたのは事故の2日後くらいです。

代理店の方に来て頂き、その場で保険の適応説明と等級の説明などを受けました。

結果的に、怪我人がいなかったことと、車の数も廃車になる程ではなかったので、修理・板金代は全額保険で賄うことが出来ました。

最初に経験した事故だったので、現場から立ち去っていいのか不安でしたが、保険代理店さんが店舗への説明などを行ってくれたことが心強かったです。

(オデッセイ/女性/48/埼玉県川越市/パート)

電柱に正面衝突

仕事帰りで、23時という遅い時間帯、疲れていたのでうとうとして、電柱に正面衝突してしまいました。

深夜だったため、幸か不幸か交通量も少なく、邪魔にならず済みました。

また、深夜パトロールをしていたパトカーが通りかかり交通整理もしてくれました。

ただ、その後、自動車保険の会社にレッカーなどをお願いしたかったのですが、電話をかけてもつながりませんでした。

何度かかけてやっとつながったのですが、成田や旭から到着までに相当かかるといわれました。

自宅に近かったこともあり、近所の整備工場の人に頼んでレッカー移動してもらいました。

最終的にはそこで修理もしてもらいました。

ぶつかった電柱の目の前のお宅には、壁も破壊してしまったので、謝罪とその後お詫びの品を持っていきました。

修理代も。

また東京電力にも電柱の修理代を弁償をしました。

弁償代、車の修理代は保険会社の保険で何とかしました。

(イスト/男性/30/千葉県香取市/地方公務員)

夜 道路

十字交差点でタクシーと接触事故

十字交差点でタクシーと接触事故を起こしました。

こちらは黄色点滅で直進したのでこちらが2悪く、先方のタクシーは8が悪い結果に。

タクシーはお客さんを乗車させていたため、タクシー運転手は連絡先を渡しお客さんを降車。

接触後、警察に電話をし、その後、保険会社に電話をしました。

タクシー会社の運転手とは連絡先を交換。

その後、現場を目撃していた30代ぐらいのサラリーマンが連絡先を渡してくれました。

理由はタクシー会社の中には事故を起こした後でも、事故処理にも慣れており悪質なことを行うケースがあると伺ったからです。

また、私の車は自走不可の状態だったので保険会社通じて、レッカー車にて運んでもらい、その後、パトカーに乗り家まで帰りました。

(ライフ/男性/29/奈良県香芝市/IT企業の営業職)

子供がドアを開けて隣に停めてあった車に思いきりぶつけた

買い物先の駐車場で、子供がドアを開けて誤って隣に停めてあった車に思いきりぶつけてしまったのです。

それを知ったのは店内放送で私の車種、ナンバーで呼び出されてからでした。

すぐさま、警察、加入している日本興亜損保に電話をしました。

警察は事情聴取のみで、保険会社は丁寧に対応してくださり、安心してスムーズに進めることができました。

ぶつけてしまった相手方とは謝罪はもちろん、名前、電話交換をして帰宅しました。

相手方が親切な方だったので、保険内でなんとか収まりました。

(過去にはありえない請求をされたことがあるので、ヒヤヒヤしましたが。)

以降、スライドドアから降ろさせたり、車が密集していないところに停めるようにしています。

(フリード/女性/33/鹿児島県霧島市/専業主婦)

確認もないまま右にハンドルを切ってしまい、右の車に接触

冬場の運転で、左側を走行していたのですが、雪山があり思わず確認もないまま右にハンドルを切ってしまい、右の車に接触してしまいました。

軽い接触ですが、事故には変わりありません。

相手は驚き、怒っています。

戸惑いながらも目くばせとジェスチャーで、左側に止めるよう指示を出しました。

お互い車を左側に止め、降りてまずは謝りました。

相手は示談を要求しましたが、警察を呼びました。

その間は加入していた全労済に電話し待機。

警察からは事故までの流れの確認。

お互いの指名、住所、電話番号を交換しその時は解散しました

一度相手方の自宅へ菓子折りを持ち、お詫びに行きました

その後、保険を使い相手の車の修復をし、保険会社対応の元解決とさせていただきました。

北海道は雪も多く路面も悪いので、運転には注意していかなければなりません。

(ヴィッツ/男性/34/北海道帯広市/営業職)

車をぶつけ首を痛める

車をぶつけた後まず警察に連絡しました。

その後、保険会社に連絡をいれました。

そして出勤途中だったため会社に連絡をしました。

その後、警察に状況など詳しく聞かれました。

けがは首が痛いくらいだったので、救急車は必要ないとのことでした。

話が終わり、車がないので婚約者に連絡をしてきてもらいました。

車は友人の車屋に連絡をして、レッカーで引き取りに来てもらいました。

それから首が痛かったので、病院に行きました。

あとは代車の手配などを保険会社にしてもらい、修理の見積もりをもらいましたが乗り換えも考えていたので、私は修理せずに廃車にし新車を購入。

その間、保険会社とは医療費や見舞金、車の保険料の件で数回やり取りをしました。

車屋は友人だったこともあり、廃車や購入の手続きでの話をしました。

(ラパン/女性/25/新潟県新潟市/サービス業の販売員)

足がブレーキから外れてしまい、ゆっくりと前の車に追突

信号待ちをしている際に、足がブレーキからガクンと外れてしまい、ゆっくりと前の車に追突してしまいました。

相手の車がハザードをつけ道横にそれたので、続いて止め、すぐに車を降りて怪我の確認と謝罪。

交番が目の前だったので、警察官に出てきてもらい事故対応をしていただきました。

初めての事故だったため、警察官の方にどうしたらいいのかを指示をしてもらい、相手の方と名前、住所、電話番号、車のナンバープレート、保険会社を確認をして、控えさしていただきました。

そして自分の保険会社に連絡、自分の親に連絡。

相手のケガもなく、車も少し凹んだ程度ということで、その後は特に何もせず、保険会社が対応してくれました。

相手の車よりも自分の車の方が壊れていたようで、保険に加入していて本当に良かったです。

(MPV/女性/29/広島県広島市/保険外交員)

見通しの悪い交差点での衝突事故

見通しの悪い交差点で、わたしが直進、相手がカット右折をしてきて衝突事故が起こりました。

運転手はわたしで、隣には主人が乗っていました。

すぐに警察へ電話しましたが、警察が到着するまでの間、主人が車から降りて現場の写真をスマホで撮影。

直進のこちらが交差点に侵入したあと、相手方がカット右折してる様子が分かる証拠の写真や動画を残しました。

のちに、この写真が過失割合に大きな役割を果たしました。

事故後、警察が到着し、交差点から車を路肩へと移動させ、警察官から事情を聞かれました。

しかし、現場検証もほとんどすることなく、「じゃ、お互いの連絡先を交換してね」と言われ
すぐに警察官は立ち去っていきました。

沖縄の警察官は本当に適当で、怠け者だなと思いました。

事故の相手方は軽トラックの60代男性でした。

雨が降っていて見えなかったなど、いろいろいいわけしてましたが、あとは保険会社に任せましょうと、お互い名刺を交換して解散となりました。

わたしたちの任意保険会社は、東京海上火災保険でした。

わたしはすぐに東京海上の事故担当の部署に連絡をして、レッカーの手配をお願いしました。

わたしは特に大きな怪我もありませんでしたが、主人が吐き気がするとのことで、タクシーで病院に向かいしました。

相手側の任意保険会社は損保ジャパンで、病院にいる間に電話がかかってきて、損保ジャパンから治療費の償還などについて丁寧に説明を受け、とりあえず自費で支払い、後日振り込んでもらうことになりました。

交差点での事故の過失割合は、通常8:2らしいのですが、いろいろ差し引くと10:0になるほどこちらには何の落ち度もない事故でした。

おまけに、17年も乗っている愛車デミオは、たったの3万円ほどしか修理費用が出ないとわかり、事故で廃車となったため、新しい車を購入する費用には焼け石に水でした。

例え市場価値がないデミオだとしても、10万円をかけて車検も通したばかりだし、数カ月前にはオルタネーターを新しく替えたばかりだったので、とてもその額に納得できませんでした。

そこで、東京海上の担当者に、わたしたちは裁判を検討していると伝えたところ、東京海上の担当者が尽力してくれて、損保ジャパンの担当者と話をした結果、13万円まで出してもらえることになりました。

また、車両保険やお見舞い金などを入れると、トータルで40万近く回収することができました。

ただ自分の保険を使ったので、次から保険料が高くなることを考えると、どうなのかなという気持ちもありました。

過失割合については、相手が交差点の中心よりもずっと前からカット右折している写真から
わたしたちは10:0の過失割合を主張しました。

ただ、さすがに動いている同士の事故では10:0はあり得ないとのことで、9.5:0.5の割合で決着がつきました。

よって、新しい車が来るまでの間、少ない費用でレンタカーに乗ることができました。

(デミオ/女性/42/沖縄県浦添市/行政書士)

コインパーキングに駐車していた車に衝突

予約していたサロンに間に合わなさそうだったのもあり、あわてて駐車したため、コインパーキングに駐車していた車に衝突しました。

邪魔にならない、安全な場所に車を移動させて、JAFに連絡し状況を説明しました。

事故の際、一人で乗っていたのと、ぶつかった車も無人だったので負傷者がいなかったのが何よりでした。

JAFの方が来たタイミングで、相手の車の所有者の方が現れ、連絡先を交換して、その後は保険屋さんを通して連絡をすることになりました。

もともと直接連絡はしないほうがいいと教習所で習っていたので、保険屋さんに任せられるのは安心しました。

JAFの方がレッカーで車を運んでいただくことになったので、担当して頂いてるトヨペットに連絡をしてそちらで預かっていただけることになりました。

その後は保険屋同士で連絡をしていただき、2ヶ月後には全て解決して車も元に戻り安心しました。

(プリウス/女性/27/大阪市吹田市/販売業アパレル)

大きな岩に自損でぶつけた

私の職場の駐車場での出来事です。

駐車場の立地が悪く、小さな川と面していました。

そこには岩がごろごろしていました。

運転の下手な私はいつも気が気ではなかったのですが、ある日に二メートル四方ある大きな岩に自損でぶつけてしまいました。

すぐさま降りて確認したら、後ろがべっこり凹んでいました。

相手が車ではなかったので、すぐに保険先に連絡を入れて保険が使えるか確認しました。

岩は観賞用ではなく、川にあるもの。

土地の持ち主に連絡を入れようか悩みました。

警察には連絡をいれていません。

しかし、とっても大きい岩はぶつけて欠けた様子などなく、それどころか全く変わっていなかったのでそのままにしました。

その後、ディーラーにいって修理してもらいました。

保険料が上がってしまいました。

(ライフ/女性/41/埼玉県川越市/医療事務)

渋滞中で停止中、わずかにブレーキが緩んで前に車に追突

渋滞中の一般道で停止中、オーディオ操作に気を取られ、わずかにブレーキが緩んで前に車に追突。

相手側と共に最寄りの交番へ行き取り調べを行い、双方に怪我なく、車の損傷も無い事から
おまわりさんを交えて示談が成立しました。

後に被害者である相手側から、ディーラーで試算した見積額が提示されてきたので、損保会社と相談した結果、金額が高額ではないので保険は使わずに実費対応が望ましいとの事なので、
見積もりを試算したディーラーに相談。

了解を得て見積額をディーラーへ入金し、被害者は来店すれば即座に修理対応される様にしました。

話はこれで終わりの様に見せかけて、この後も、不当な請求をされたり訴訟すると言われたり
直接謝りに来いと言われたり、約1ヶ月ほど辛い時間が続きました。

結論から言うと、私が加入している保険会社と修理代を見積もりしたディーラーからのアドバイスのおかげで、被害者側の言うなりにならず、事無きを得たのではありましたが、保険に入っていれば万全で、警察が間に入れば何の心配も要らないワケではないと思いました。

自分の知らない事になると、相手のこうなんだ、を鵜呑みにしたり流されてしまいがちだけど、決してその場で軽はずみな取引や回答はせず、保険会社や警察に丸投げするのでもなく、
自分で自分の身を守る知識を持たないといけないと思いました。

(カルディナ/男性/40/神奈川県横浜市/自動車関係)

対向側からセンターラインはみ出して走行している車とぶつかる

数年前の冬、会社の帰り、外は真っ暗でした。

大部雪が積もっていました。

広い道路でしたが、自分の車の前には、トラックが走っていました。

道路には、積雪がありました。

走っていると、対向側からセンターラインはみ出して走行している車がきました。

トラックはよけましたが、自分はよけきれず、運転席側のミラーが破損しました。

相手のミラーも破損したはず…。

初めての経験だったので、わからないまま自宅まで帰りました。

相手は、止まりました。

次の日位に警察に連絡したら、自分が当て逃げ扱いされました。

結局、修理は自腹で払いました。

相手も自腹で払ったらしいです。

あの時、ぶつかった時点で止まっていれば相手のせいになりました。

任意保険は使いませんでした。

使うと支払いが高くなるので…。

以上です。

(ワゴンR/男性/41/石川県輪島市/会社員)

駐車場の前に停車していた軽ワゴン車とぶつかる

高校生の息子を学校まで送って行こうとした時のことです。

わが家の駐車場からバックで公道に出ようとした時、駐車場の前に軽ワゴン車がとまっていて気を付けてバックしたつもりでしたが、ハンドルを切り損ね、私の車の右後ろバンパーを相手の軽ワゴン車の右後ろバンパーにぶつけてしまいました。

朝早かったため、まず息子を駅におくり、帰宅してから所有者がわからないのでフロントガラスに私の名前と携帯番号と事情を書いて手紙をいれ、相手からの連絡を待ちました。

相手から連絡がきたら事情を話して、お詫びをし、お互い連絡先を交換して一緒に警察に行ってもらうようにお願いし、警察で待ち合わせ、事故証明をもらいました。

相手の反応は「中古だからきにしなくていい」と言ってくれましたが、手土産を渡して保険屋には修理代は全部負担すると伝えておくと言い、別れました。

後日、保険屋から連絡があり「対応がとてもよかった。バンパーに傷がついただけだから、修理はしなくていい」と、相手が言ってくれたとの事。

お言葉にあまえ、手紙を出しました。

(ムーヴ/女性/48/愛知県豊明市/主婦)

まとめ

車に乗っていると、人身事故や物損事故に遭ってしまう可能性があります。

それは、自分でどんなに気を付けていても起こり得ることです。

大切なのは、事故を未然に防ぐ努力と、万が一事故を起こしてしまった時は冷静に対応することです。

そのためには、どんな状況で事故は起こりやすいのか勉強し、事故を起こしてしまったらどう対応するのかシミュレーションすることです。

また、もしあなたが任意保険に加入していないのであれば加入をして、加入している場合でも、今一度契約内容の見直しをして、事故に備えることをオススメします。

このページを読んでいる人にオススメの記事

タイトルとURLをコピーしました