交通事故での違反点数や罰金は?物損と人身で違いはある?

高木
交通事故を起こすと、違反点数はいくつになるの?
田三郎
それは、交通事故の種類によって違うね!
へ~。じゃあ、車をガードレールにぶつけた場合は何点なの?
物損事故の場合、違反点数はないね!
えっ!そうなの?
そうだよ!
じゃあ、罰金や罪になったりはしないの?
ないね!もちろん、壊れたモノは修理しなければならないから、損害賠償は発生するけどね!
そうなのか…。それじゃあ、人身事故の場合の違反点数はいくつなの?
2~20点の間だね!
20点!!確か、15点以上で免許取り消しだったよね!
行政処分歴なしの場合は、確かに15点以上で免許取り消しだね!
じゃあ、一発で免許取り消しになる可能性もある訳だ!
そうだよ!
やっぱり、死亡事故が一番、違反点数が高いの?!
その通り。だけど、交通事故を起こした本人の不注意はなかったと判断された場合の違反点数は13点だね!
それじゃあ、運転者の不注意で死亡事故を起こした場合が20点なんだね!
その通り。
確かに、それだったら20点も当然な気がしてきたな。
そうだね!
死亡事故以外は、どうやって違反点数が決まるの?
負傷者の治療期間や後遺障害が残るかどうかで、付加点数が決まるんだ!
なるほど。
後、言い忘れてたけど、基礎点数っていうのがあって、それに付加点数の2~20点がプラスされるんだ!
基礎点数って?
安全運転義務違反のことなんだけど、交通事故の点数は『基礎点数(2点)+付加点数(2~20点)』の計算式で決まるって覚えておけば大丈夫だよ!
ほ~ん。

【愛車を一番高く売るためには一括査定がオススメ】

愛車を一番高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

かんたん車査定ガイドであれば、全国対応、最短32秒の入力、最大10社の査定で平均14万円もお得に売却できます!

かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク

物損事故の違反点数や罰金や罰則

 交通事故の種類違反点数罰金や罰則
 物損事故0点0円

物損事故とは、交通事故において死傷者が出なかった事故のことです。

乗っていた自動車が滅茶苦茶に壊れたり、ガードレールが凹み、電柱が倒れたとしても、それらはモノですので、人に被害が出ない限りすべては物損事故として扱われます。

この物損事故を起こしてしまっても、基本的には違反点数や罰金はありません。

ただし、当て逃げをしてしまった場合は別です。

違反点数は、安全運転義務違反の2点と危険防止措置義務違反の5点で合計7点です。

さらには1年以下の懲役または10万円以下の罰金が課せられます。

もしも物損事故を起こしてしまった場合、すぐに警察に連絡しましょう。

それと、物損事故の違反点数や罰金はないからといって、その時に飲酒していたり、無免許だった場合、当然、違反点数や罰金はあります。

さらには刑事罰もありますので、覚えておきましょう。

人身事故の違反点数や罰金

 人身事故の種類違反点数罰金や罰則
 死亡事故(違反行為をした人の不注意で発生)基礎点数2点(安全運転義務違反)+付加点数20点自動車運転過失致死傷罪:刑法211条2項:7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金、危険運転致死傷罪:刑法208条の2:死亡の場合1年以上の有期懲役
(最高20年)
傷害の場合は15年以下の懲役、殺人罪:刑法199条:死刑または無期もしくは5年以上の懲役、緊急措置義務違反(人身事故):5年以下の懲役または50万円以上の罰金
 死亡事故(違反行為をした人の不注意ではなく発生)基礎点数2点(安全運転義務違反)+付加点数13点
負傷者の治療期間が3月以上又は後遺障害が残る(違反行為をした人の不注意で発生)基礎点数2点(安全運転義務違反)+付加点数13点懲役刑・禁固刑又は罰金30~50万円
負傷者の治療期間が3月以上又は後遺障害が残る(違反行為をした人の不注意ではなく発生)基礎点数2点(安全運転義務違反)+付加点数9点
負傷者の治療期間が30日以上3月未満(違反行為をした人の不注意で発生)基礎点数2点(安全運転義務違反)+付加点数9点罰金30~50万円
負傷者の治療期間が30日以上3月未満(違反行為をした人の不注意ではなく発生)基礎点数2点(安全運転義務違反)+付加点数6点罰金20~50万円
負傷者の治療期間15日以上30日未満(違反行為をした人の不注意で発生)基礎点数2点(安全運転義務違反)+付加点数6点治療21日以下、原則不起訴で罰金15~30万円
負傷者の治療期間15日以上30日未満(違反行為をした人の不注意ではなく発生)基礎点数2点(安全運転義務違反)+付加点数4点
負傷者の治療期間15日未満(違反行為をした人の不注意で発生)基礎点数2点(安全運転義務違反)+付加点数3点原則不起訴で罰金12~20万円
負傷者の治療期間15日未満(違反行為をした人の不注意ではなく発生)基礎点数2点(安全運転義務違反)+付加点数2点

人身事故とは、死傷者が出た場合の交通事故です。

人身事故を起こした場合、上の表のように細かく違反点数、罰金・罰則が決まっています。

違反行為をした人が、不注意によって交通事故を起こしてしまったのか、そうでないかによって違反点数が異なります。

それと、負傷者の怪我の具合によっても違反点数が異なり、罰金や罰則も異なります。

免停とは?違反点数と停止期間!前歴なしでも6点で停止処分』でも説明しているように、人身事故を起こしてしまった場合、一発免停または一発で免許取り消しになる可能性があります。

車をできるだけ高く売却したいなら、一括査定がオススメ


車をできるだけ高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

全国対応。最短32秒の入力。最大10社の査定。平均14万円もお得に。

かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
交通事故・交通違反
スポンサーリンク
tasaburoをフォローする
中古車売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました