中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと

中古車売却の田三郎|車を一番高く売るために知っておくこと

当サイトでは、中古車の売却について詳しく解説しています。

『中古車の売却を考えているけど、どこの買取業者で査定してもらったらいいのかわからない。オススメの車買取・査定サイトを教えて!!』

『中古車の買取・下取り相場を知りたいけど、どうすればいいの?』

『とにかく早く、高く、愛車を売りたい!!人気の買取店はどこ?!』

『できるだけ高く、安全に中古車を売却したい!!そのためにすることを教えて!!』

『中古車を売るまでの流れと査定の際の注意点は何?』

もしあなたが、このような悩みを抱えているのであれば、当サイトは参考になるはずです。

即日中に中古車を売却しなければならないのであれば、是非、ゆっくりしていってください。

【愛車を一番高く売るためには一括査定がオススメ】

愛車を一番高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

かんたん車査定ガイドであれば、全国対応、最短32秒の入力、最大10社の査定で平均14万円もお得に売却できます!

かんたん車査定ガイド

どんな中古車を売却する方法がある?

車 ボルボ クラシックカー レトロ 古い クラシック 輸送 自動車の ヴィンテージ クロム

中古車を売却するための方法というのは、実はかなり多くあります。

例を挙げれば、ガリバーやビッグモーターのような買取専門店で売ったり、トヨペットやホンダカーズのようなディーラーで新車を買う代わりに下取りしてもらったり、整備工場や解体業者で買取もしくは廃車してもらったり、または個人売買で中古車を売却するような方法もあります。

どこに売却するかで、かなり査定金額に差が出ます。

まだイメージが掴めていない方のために、もう少し詳しく見てみましょう。

買取専門店で中古車を売却する

先ほどの例で、ガリバーやビッグモーターの名前を出しましたが、それ以外にも買取専門店は数多くあります。

詳しくは、『大手で有名な8つの中古車買取店を徹底比較』をご覧ください。

買取専門店で中古車を売却するメリットは、何と言っても査定金額の高さです。

中古車 査定金額 高い 金

高木
おいおい、この画像は流石にいやらし過ぎないか…。

ディーラーの下取りや整備工場・解体業者での廃車よりも、高く中古車を売却できる可能性が高いです。

それにオークションや個人売買よりもリスクが低く、最もオススメの方法と言えます。

ただし、例外もあり、あまりにも古く再販できないような中古車を売却する場合、解体業者に売った方がいいケースもあります。

【関連】車の解体業者と買取業者のメリット・デメリットを比較

ディーラーで下取りに出す

中古車を売却する方法として、ディーラー(販売店)で下取りに出す人も多いです。

【関連】車のディーラーで下取り査定した50人の口コミ・評判

ディーラーとは、トヨペット、ネッツトヨタ、トヨタカローラ、レクサス、ホンダカーズ、美つ微子モータース、ブルーステージ、レッドステージ、マツダアンフィニ、マツダオートザム、スズキアリーナ、スバルショップ等を指します。

つまり、新車をそのディーラーで買う代わりに、今まで乗っていた中古車をその店で売却するという方法です。

買取と下取りの違いは、次に乗る車を売る店で買うかどうかです。

ディーラーでの下取りのメリットは、何と言っても手間暇が掛からないことです。

その反面、デメリットとして、査定金額が安くなってしまう可能性が高いです。

【関連】ディーラーでの車の下取りと買取業者の査定ではどちらが高い?!

解体・廃車業者で中古車を売却する

解体・廃車業者で中古車を売却する方法もあります。

これは、先ほども言いましたように、再販できないような中古車を鉄やアルミニウム等の素材としての価値で売却する場合、オススメの方法です。

車の鉄スクラップの相場はいくら?買取とどちらがいい?』を読んで頂ければわかりますが、車には鉄やアルミニウム、樹脂等の素材が使われており、再販できなくてもそれなりの値段で買取してもらえます。

これが買取専門店やディーラーだと、逆に廃車費用が取られてしまう可能性もある訳です。

それだったら、解体・廃車業者を利用して、数万円でもお金を頂いた方がお得というケースもあります。

中古車を個人売買する

中古車を売却する方法として、個人売買もあります。

例えば、知り合いや友人から頼まれて売却したり、ヤフオク等のオークションやメルカリを利用して売る方法もあります。

個人売買のメリットは、高く売れる可能性が高いということです。

買取専門店やディーラー、解体業者でもそうですが、プロに任せると、中間マージンを取られてしまいます。

ですが、個人売買であればヤフオク等を利用すれば手数料は取られるものの、最小限の中間マージンで済ますことができます。

ただし、個人売買はリスクの高い方法でもあります。

中古車 個人売買 売却 車 売る ハイリスク ハイリターン

プロがやっていることを自分でやる訳ですから、中古車を売却した後のクレーム処理やトラブルに対応しなければなりません。

それに小物を売るのと違い、出品作業や書類手続きがとても大変です。

ですので、車屋で働いていたり、失敗しても責任はすべて自分で取るぐらいの覚悟がなければオススメしない方法です。

【関連】中古車を個人売買するメリット・デメリット

中古車の買取・下取り相場を知る

中古車の買取・下取り相場を知る

中古車を売却するにあたって、やはり、まずは買取・下取り相場を知っておいた方がいいです。

なぜなら、相場を知らないと安く買い叩かれてしまったり、価格交渉が上手くいかないからです。

そこでチェックしてほしい記事が、『中古車の買取相場・下取り参考価格がわかるサイト3選』です。

その記事で紹介されている3つのサイトを使えば、個人情報を入力しなくても、おおよその相場を知ることができます。

ただし、あくまで実際に実車確認して出す査定金額ではありませんので、そこは注意が必要です。

必要以上に参考価格が安く出たり、逆に高く出たりすることもありますので、あくまで相場として捉えましょう。

またオートオークションと呼ばれる業者だけが参加できる、自動車の競売での相場を知ることで、中古車売却に役立つことがあります。

それについては、『中古車のオートオークションでの相場を知る2つの方法』の記事を参考にしてみてください。

いずれにせよ、中古車の買取・下取り相場を知っておいた方がいいですが、必要以上に詳しくなってもあまり意味がありません。

「だいたい、自分の中古車だったら、これぐらいの範囲で売却できそうだな」と、おおよその金額を確かめましょう。

中古車を売却するための必要書類

フォルダー ドキュメント 紙 オフィス

中古車を売却するためには、用意しなければならない必要書類があります。

その必要書類は、普通自動車と軽自動車では少し異なります。

軽自動車の方が準備する必要書類は少なく、普通自動車は多いです。

以下がその必要書類です。

普通自動車の買取・査定に必要な書類

  1. 自動車検査証(現住所と氏名が印鑑登録証明書と異なる場合は、住民票、戸籍の附票、住民票の除票、戸籍謄本などが必要。)
  2. 印鑑登録証明書(買取店によって異なるが、およそ発行から1ヶ月以内のもの)×2枚
  3. 自賠責保険証明書
  4. 自動車税納税証明書(有効期限を確認)
  5. 実印(印鑑登録した印鑑)
  6. 振込口座情報
  7. リサイクル券(預託済みの場合)

軽自動車の買取・査定に必要な書類

  1. 自動車検査証(現住所と氏名が印鑑登録証明書と異なる場合は、住民票、戸籍の附票、住民票の除票、戸籍謄本などが必要。)
  2. 自賠責保険証明書
  3. 軽自動車税納税証明書(有効期限を確認)
  4. 印鑑(認印でも可能)
  5. 振込口座情報
  6. リサイクル券(預託済みの場合)

中古車の買取に必要な書類を紛失した場合

中古車 買取 必要書類 紛失 方法

中古車の買取に必要な書類を紛失した場合、再発行してもらう必要があります。

何を紛失したかによって、どこに連絡すればいいのかは異なります。

詳しくは、『車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い』の記事内で書いていますので、参考にしてみてください。

また売却先の車の買取業者に聞けば、再発行の方法や必要書類について教えてもらうことができます。

ですので、中古車買取に必要書類が見つからなかったり、わからないことがあってもそこまで焦る必要はありません。

【愛車を一番高く売るためには一括査定がオススメ】

愛車を一番高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

かんたん車査定ガイドであれば、全国対応、最短32秒の入力、最大10社の査定で平均14万円もお得に売却できます!

かんたん車査定ガイド

中古車を高く売却できる時期

紙 ビジネス ドキュメント オフィス 空気 議題 予定 手配 カレンダー クローズアップ

中古車の買取金額は、日々、下落しています。

もちろん、昨日、今日で大幅に値段が変わるということはありませんが、ジワリ、ジワリと下降していきます。

ただし、その下落が止まるどころか、その方向が上昇する時期というのがあるのです。

イメージで言えば、以下のような感じです。

車 買取金額 グラフ 下降 線

なんだ、この落書きのような画像は!!
田三郎
うるさいな、高木。お前にだけは言われたくない!!

その箇所が中古車を高く売却できる時期です。

それはいつなのか、今から解説します。

市場の需要が高まる3月に向けて1月~3月に中古車の売却金額がアップ

一般社団法人「日本自動車販売協会連合会」が発表している、2017年度の新車の月別販売数を見てみるとわかりますが、3月に691,370台と、最も車が売れていることがわかります。

これは新車のデータですが、中古車でも同じです。

これは考えてみればわかりますが、4月からの新生活に向けて車を買う人の数が増えるからです。

新入社員 新車 中古車 購入 男性 スーツ

そうなってくると、どうしてもそれまでに中古車販売店はなるべく多くの在庫を揃えなければなりません。

中古車の買取金額は、需要と供給で決まりますので、需要が高い1月~3月に向けて買取金額がアップするという現象が起きるのです。

9月は車の需要が高まるのと決算期のためチャンス

先ほどの一般社団法人「日本自動車販売協会連合会」が発表している、2017年度の新車の月別販売数をもう一度見てもらえればわかりますが、9月の販売台数は495,179台と3月に次いで多く、車の需要が高いことがわかります。

それに9月は半期決算を迎える車の買取業者が多く、そのため、売り上げを伸ばすために買取金額を上げる傾向があるのです。

ですので、1月~3月同様に中古車を売却するチャンスと言えます。

1月~3月、9月まで待つのはリスクがある

1月~3月、9月では、中古車を高く売却できる可能性が高いと言いましたが、だからといってその月まで待つのはリスクがあります。

どういうことかと言いますと、上の下降グラフを見て頂ければわかりますが、日々、車の買取金額というのは下がっているのです。

ですので、何か月も中古車を売却する時を待っていたとすると、その間に買取金額が下がり、多少、1月~3月、9月に買取金額が上がるからといって、下がった分を上回るとは限らないのです。

それにあなたが乗っている車の車種がフルモデルチェンジした場合、査定金額はガクッと落ちてしまいます。

特に軽自動車やハイブリッドカーのような車は、フルモデルチェンジで査定金額が大きく変わってしまいます。

スポーツカー、オープンカー、高級セダンのような車であれば、フルモデルチェンジによって査定金額に影響を与えることは少ないですが、それでも価格が下がってしまうのは避けられません。

このようなリスクがありますので、実は中古車を最も高く売却できる時期というのは、思い立った今なのです。

もし、その今が1月~3月であったり、9月であれば、それはもう中古車を売却する絶好の時期だと言えるのです。

皆が車を買い替えるタイミング

皆は、いつ車を買い替えるのでしょうか?

もちろん、それは各々異なったタイミングで買い替えます。

当サイトでは、いつ車を買い替えるのかというアンケート調査を実施しました。

詳しくは、『車を買い替える時期・タイミングはいつ?2位は車検が来た時』の記事をご覧ください。

中古車を売却する流れ

中古車を売却する流れ

それでは、中古車を売却する時の全体の流れを解説します。

※個人売買に関しては、どこのサイトを利用するか、誰に売るのかによってもバラバラですので、ここでは業者への売却をした場合と考えてください。

中古車の売却先を決める

ページの上部の『どんな中古車を売却する方法がある?』でも書きましたように、中古車には色々な売却先があります。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、最も自分に合った売却先を選ぶことが大切です。

もしもあなたがどこに中古車を売却するのか決めていないのであれば、買取専門店で査定してもらうことをオススメします。

なぜなら、買取専門店は中古車を高く査定してくれる可能性が、ディーラーや廃車業者等と比較して高いからです。

車は売値も買値も高いため、少しの差であっても数万円、数十万円と査定金額が異なることがあります。

どこで売るのかでそんなに差があるのであれば、高い業者に中古車を売却した方がいいに決まっています。

ただし、どこの買取専門店が高く中古車を買取してくれるのかは、車種や状態、地域等によって異なります。

ですので、基本的に中古車の査定は、複数の買取専門店に依頼するということを覚えておいてください。

【関連】車の買取では競合他社との相見積もりが必須な3つの理由

複数の買取専門店で査定してもらうのにオススメな方法は、中古車一括査定に申し込むことです。

中古車一括査定を実施しているのは、1社だけではなく、複数あります。

どこがいいのかわからないという方は、『オススメの中古車一括査定5社を徹底比較』をチェックしてみてください。

愛車の査定を受ける前の準備をする

中古車の売却先を決定したら、その後は査定を受ける前の準備をします。

まずは車買取に必要な書類一式を揃えます。

またプラス査定になる可能性がある整備手帳や取り扱い説明書、スペアキー、カスタムするために取り外した純正品等も準備します。

その他には、車の清掃をするといいでしょう。

車の清掃は、必ずしも買取金額がアップするということではありませんが、やはり、キレイな車と汚い車では印象が違います。

中古車 洗車 売却 準備

自分でできるのであれば、傷や凹みも修理しておいた方がいいです。

ただし、専門の業者に修理を依頼するのはやめた方がいいです。

確かに、傷や凹みがない方が査定金額が上がりますが、修理代の方が高く付いてしまいます。

それでは本末転倒ですので、自分での修理が無理そうであれば、そのままの状態で査定してもらった方がいいです。

複数の中古車買取専門店で査定してもらう

愛車の査定を受ける前の準備ができましたら、いよいよ中古車買取専門店での査定です。

査定を受けるのは業者の数は、多ければ多いほど、高値が付きやすいです。

なぜなら、複数の業者で査定してもらうことで競争が生まれ、オークションのように買取金額が変動するからです。

中古車を高く売却できた人のほとんどが、この複数の業者で査定してもらう方法を利用しています。

価格交渉はできればした方がいいですが、例えば、A社80万円だったとB社に伝えるだけで、B社はそれ以上の査定金額を出さなければ買取できませんので、複数で査定するだけでも十分に交渉になっているとも言えます。

ポイントは、即決せずに、営業担当者の交渉に飲み込まれないことです。

たとえ営業担当者に、「今しか、この金額は出せません!」と言われても、「もしも他社の査定を待っていただけないのであれば、売りません。」と言えるかどうかが重要です。

また自分は営業担当者の交渉に飲み込まれそうだという人は、同じ日に愛車の査定をしてもらいましょう。

同じ日に複数の買取業者をバッティングさせることで、上記の交渉をする必要がありません。

日程を調整するのが少し大変ですが、交渉に自信がない方は、そのようにした方がいいでしょう。

いよいよ中古車を売却する

複数の中古車買取専門店で査定しもらい、最も高値を付けてくれた業者に愛車を売却します。

必要書類が用意できていれば、それを担当者に渡せば後は勝手に手続きを進めてくれます。

この時、必要書類が準備できていなければ、後日に渡すことも可能です。

そして、いよいよ中古車を売却します。

車内に忘れ物はないか、もう一度確認しましょう。

特にダッシュボード、椅子の下、トランク等は隈なくチェックしましょう。

またカーナビが付いていれば、個人情報を消去するのを忘れないようにしましょう。

愛車との最後のお別れですので、持って行かれる前に記念写真を撮っておくのもオススメです。

中古車の売却金額の入金

その後、中古車の売却金額が教えた銀行口座に入金されます。

中古車 売却金額 入金 銀行口座

中古車の買取において、現金払いに対応している業者はほとんどないため、銀行口座への入金が基本です。

一般的には、1週間以内にはお金が振り込まれます。

早ければ、2営業日で入金されることもあります。

これで、中古車売却は完了です。

そのお金で新しい車を買うのもいいですし、子供の教育資金のために貯金するのもいいでしょう。

中古車売却時の還付される税金

中古車売却時の還付される税金

中古車売却の時に、前もって支払っていた自動車税と自動車重量税が還付されるのか、気になっている人も多いと思うので、ここで解説します。

自動車税

まずは自動車税です。

自動車税は、4月1日の時点での車の所有者に課税される税金で、4月下旬~5月上旬に納付書が届き、5月31日までに支払っているはずです。

この自動車税は4月1日~3月31日までの1年分を前もって支払います。

そのため、1年の途中で中古車を売却すると、残存期間があるため、税金の支払い損になってしまうように思われます。

実際、法律で定められている自動車税の還付制度は、廃車した時のみです。

しかしながら、自動車税に関しては買取業者が残存期間の税金を売却金額に上乗せしてくれることがほとんどです。

ですので、法律的に還付制度が利用できないからといって、自動車税の支払い損になるケースは少ないです。

自動車重量税

自動車重量税は、車を購入する時や車検時に支払う税金で、基本的に中古車を売却する時に還付されることはありません。

ただし、車検の残存期間によって、売却金額の上乗せ交渉することは可能です。

「車検が1年ちょっと残っているから、1万円ぐらい売却金額に上乗せしてくれませんか?」等、交渉してみるのがオススメです。

その他

その他、中古車売却時に還付される税金はありません。

逆にタイミングによっては、自動車税を支払わなければならいこともあります。

どういうことかと言いますと、自動車税は4月1日の時点での車の所有者に課税される税金ですので、それ以降に車を売却した場合、1年分の自動車税を支払わなければなりません。

買取業者によっては、全額、もしくは1ヶ月分だけ代わりに自動車税を支払ってくれるということもありますが、基本的には、まずあなたが支払いをして、その後、返金してもらうという流れです。

そのため、自動車税の支払いのために納付書を持参して、コンビニ、郵便局、銀行等に行かなければなりません。

ですので、自動車税が課税される4月1日より前に、余裕を持って中古車を売却することをオススメします。

また逆に税金の支払いが発生するケースがある所得税や消費税ですが、あなたが事業者でもない限り、発生することはほとんどありません。

事業者で大きな利益を出しているなら、所得税、消費税、それに確定申告も必要ですが、個人で中古車を売却する分には、ほとんど気にする必要はありません。

ただし、レジャー用で車を所有しており、なおかつ中古車の売却金額が購入した時の金額を50万円以上、上回ったケースであれば、所得税を支払う義務が発生し、確定申告の必要もあるので、気を付けましょう。

※車の用途が通勤用・送迎・買い物であれば、納税義務は発生しません。詳しくは、国税庁の『譲渡所得の対象となる資産と課税方法』をご覧ください。

愛車を一番高く売却したいなら、一括査定がオススメ

愛車を一番高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

かんたん車査定ガイドであれば、全国対応、最短32秒の入力、最大10社の査定で平均14万円もお得に売却できます!

かんたん車査定ガイド

※車の一括査定は、色々な会社が運営しています。かんたん車査定ガイド以外の一括査定もチェックしたい方は、『オススメの中古車一括査定5社を徹底比較』の記事を参考にしてみてください。

今注目の車買取サービス!

①最大2,000社が参加のオークション形式で車を高く売れる!

②営業電話はユーカーパックからだけ!

③提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみの査定!


ユーカーパックは、一般的な一括査定サービスとは全く異なります。

車の状態を確認するのは、ユーカーパックだけで、その査定情報から最大2,000社の買取業者がオークション形式で価格を提示します。

ユーカーパックのメリットは、一括査定とは違い、営業電話が1本のみということです。

そして、オークション形式で車の買取金額が上がるため、交渉が苦手な方でも、車を高く売却できる可能性が高いです。

ユーカーパックのデメリットは、車の出品から売却・現金化までの期間が2~3週間と時間が掛かってしまうことです。

そして、直接、交渉ができる訳ではないため、一括査定と比較すると車を高く売却できない可能性が高いことです。

(それでも、ディーラーや1社だけで査定してもらうよりか、かなり高く中古車を売却できる可能性は高いです。)

一括査定かユーカーパックの比較で悩んでいる人は、上記のメリット・デメリットを考慮して選択しましょう!

ユーカーパック

中古車売却の体験談(口コミ・評判)

中古車売却の体験談(口コミ・評判)

当サイトでは、独自に中古車を売却したことがある方にアンケート調査を実施して、体験談(口コミ・評判)を募集しています。

体験談(口コミ・評判)を読めば、中古車を売るのが初めての方でもどんな感じなのか流れを理解しやすいですし、注意点や高く売るコツなんかもわかります。

売却した中古車の走行距離、年式、色なども聞いていますので、おおよその相場も予想しやすいです。

是非、参考にしてみてください。

廃車の体験談(口コミ・評判)

廃車の体験談(口コミ・評判)

中古車売却で買取金額が付かなかったり、マイナス査定だった場合、廃車を考えると思います。

当サイトでは、廃車の体験談(口コミ・評判)も募集していますので、廃車を考えている人には参考になると思います。

廃車を考える方は、事故であったり、故障であったり、過走行車であったりするケースが多いです。

車購入の値引き体験談(口コミ・評判)

車購入の値引き体験談(口コミ・評判)

中古車を売却して、新しく買い替える人も多いと思います。

そんな時に考えるのは、やはり、予算です。

中古車をどれだけ高く売却できるのかと考える人は多いですが、次買う車をどれだけ安く買えるのか考える人は少ないです。

しかしながら、結局はどちらも同じことです。

一番お得なのは中古車を高く売却できて、車の値引き金額を多くすることです。

つまり、大事な事は、売るのと、買うのの全体のバランスを考えることです。

まずは、皆さんがどのような交渉をして、車の値引きをしたのか体験談(口コミ・評判)を読んでみましょう。

タイトルとURLをコピーしました