スピード違反(速度超過)の点数や反則金・罰金はいくら?

高木
スピード違反の点数は何点?
田三郎
速度超過のこと?それとも最低速度違反のこと?
俺の知りたいのはスピードオーバーのことだから、速度超過のことだね!
っていうか、最低速度違反なんてあるんだ…。
速度超過の違反点数は、どれだけスピードオーバーしたかによってかなり違うね!
そうなんだ…。青切符?それとも赤切符?
それも何キロスピードオーバーしたかによって違うね!例えば、一般道で30キロ未満の速度超過だったら青切符だし、30キロ以上なら赤切符だね!
なるほど。
ところで、なんで一般道って言ったの?
一般道か、高速道路かでも、点数に違いがあるからね!
ほー。
ちなみに、スピード違反の反則金はいくら?
それも何キロオーバーかによって違うね!最悪、反則金じゃなくて刑事処分の罰金が科せられる可能性もあるしね!
おー、怖い。スピード違反で逮捕されて、前科者になる可能性があるのか。
そうだね。スピード違反の取り締まりは交通違反でも最も多いから、運転者を常に気を付ける必要があるね!

【愛車を一番高く売るためには一括査定がオススメ】

愛車を一番高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

かんたん車査定ガイドであれば、全国対応、最短32秒の入力、最大10社の査定で平均14万円もお得に売却できます!

かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク

スピード違反とは

最高速度 標識 50km

スピード違反とは、道路交通法で決められた法定速度の違反のことです。

この違反には、速度超過に対するスピード違反と速度不足によるスピード違反があります。

速度不足による違反は、最低速度違反と名前が付けられており、罰則もあります。

当ページでは、速度超過のスピード違反について言及しています。

速度超過は、道路交通法の第22条では以下のように規定されています。

車両は、道路標識等によりその最高速度が指定されている道路においてはその最高速度を、その他の道路においては政令で定める最高速度をこえる速度で進行してはならない。

出典:道路交通法 第二十二条

これは、つまり最高速度が時速40kmの道路では、時速41kmのスピードでは走ってはいけないということです。

法律では、少しのスピードオーバーもダメと書かれています。

ちなみに政令で定める最高速度とは、普通車の場合、一般道では時速60km、高速道路では時速100kmです。

スピード違反(速度超過)の点数

 違反行為の種類点数
 速度超過50km以上=12点、30km(高速道路40)以上50未満=6点、25km以上30(高速道路40)未満=3点、20km以上25km未満=2点、20km未満=1点

スピード違反(速度超過)の点数は上記の通りです。

指定された速度から、オーバーした速度が大きいほど加点される点数は大きいです。

最大で12点ですので、行政処分歴なしでも一発で90日間の免停となってしまいます。

【参考】免停とは?違反点数と停止期間!前歴なしでも6点で停止処分

30km以上のスピード違反でも、一発で30日間の免停です。

それほど、スピードの差によって交通事故が起きた時の影響が異なるということです。

また一般道と高速道路では、同じ速度超過でも点数に違いがあります。

これは一般道と高速道路では、制限速度に差があるためです。

速度指定のない高速自動車国道での最高速度は、時速100kmですので、そのスピードを超過したら違反です。

ただし、スピードメーターやレーダーには誤差があるため、最高速度が時速100kmであれば、110kmまでは捕まる可能性は低いです。

もちろん、それでも最高速度は超えているため、捕まる時は捕まりますので、注意が必要です。

スピード違反(速度超過)の反則金・罰金

 違反行為の種類反則金額・罰金
高速道路での速度超過(40km以上)罰金(最大で10万円)
高速道路での速度超過(35km以上40km未満)4万円(大型車)、3万5千円(普通車)、3万円(二輪車)、2万円(小型特殊車)、2万円(原付車)
高速道路での速度超過(30km以上35km未満)3万円(大型車)、2万5千円(普通車)、2万円(二輪車)、1万5千円(小型特殊車)、1万5千円(原付車)
一般道での速度超過(30km以上)罰金(最大で10万円)
一般道での速度超過(25km以上30km未満)2万5千円(大型車)、1万8千円(普通車)、1万5千円(二輪車)、1万2千円(小型特殊車)、1万2千円(原付車)
一般道での速度超過(20km以上30km未満)2万円(大型車)、1万5千円(普通車)、1万2千円(二輪車)、1万円(小型特殊車)、1万円(原付車)
一般道での速度超過(15km以上20km未満)1万5千円(大型車)、1万2千円(普通車)、9千円(二輪車)、7千円(小型特殊車)、7千円(原付車)
一般道での速度超過(15km未満)1万2千円(大型車)、9千円(普通車)、7千円(二輪車)、6千円(小型特殊車)、6千円(原付車)

スピード違反(速度違反)の反則金・罰金は上記の通りです。

高速道路と一般道では、反則金の金額が異なります。

またスピード違反が大きいと、刑事処分の罰金が科せられます。

速度指定のない高速自動車国道での最高速度は時速100kmですので、時速140km以上出して捕まると罰金です。

制限速度60kmの一般道だった場合、時速90km以上出して捕まれば罰金です。

罰金の金額は、簡易裁判で決定され、最大で10万円。

相場は6~8万円ぐらいです。

タイトルとURLをコピーしました