営業車として使っていたアトレーを廃車@兵庫県尼崎市

アトレー

今回、営業車として使っていたアトレーを廃車した体験談を提供してくれたのは、兵庫県尼崎市在住の42歳の男性です。

廃車したのは、色はブルーマイカ、走行距離は35万キロ、年式は94年式、グレードはMXターボ、型式はV-S120Vのダイハツ・アトレーです。

走行距離が35万キロで、修理費も高いことから、廃車することにしたようです。

確かに、これだけ乗っていれば買取金額が高く付く可能性は低いです。

ですが、パーツや鉄として価値はありますので、一度、買取業者に査定してもらうことをオススメします。

一社だけであれば、走行距離や状態から足元を見られる可能性が高いため、どうせなら複数の買取業者に査定してもらいましょう。

その時、一括査定は便利です。

数多くの買取業者が査定してくれるので、価値を見出してくれる業者に売却しましょう。

\廃車予定だった車を一括査定してみる/

この記事を読んでいる方にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡軽自動車の買取で少しでも高く売るためのオススメの方法

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡車の解体業者と買取業者のメリット・デメリットを比較

営業車として使っていたアトレーを廃車@兵庫県尼崎市

 性別男性
 年齢42歳
 住所兵庫県尼崎市
 廃車した車アトレー(ダイハツ)
 走行距離35万キロほど
 年式94年式
 車の色ブルーマイカ
グレードMXターボ
型式V-S120V

アトレーの思い出

軽箱のアトレーに乗っていたのは、当時営んでいた事業の一部だった短距離の運送業のためです。

近所の工務店から工具を工事現場に届けたり、弁当屋さんから弁当を配達したりと細かいものは何でも運びました。

時には工具と一緒に職人さんを乗せていったりもしました。(職人さんはサービスで乗せていました。)

高校を卒業して金の全くなかった私でしたが、アトレーは新車で購入しました。

親父がダイハツで働いていたこともあり、少しだけ安く買えました。

どうせならパワーのあるターボを、と思いターボ車にしたのを覚えています。

彼女を乗せて走るときに白の車ではダサいと思い、派手なブルーマイカを選択、自宅に届いたときに仕事で使うには派手すぎる、と親父になじられたのを覚えています。

ブルーマイカと言う不思議な色合いの車だったことも、初めての車だったことも合わせて大切に乗っていた車でした。

毎週末にこまめに整備し、洗車やオイル交換を律義に行っていたためか大きな故障には見舞われず、車のせいで仕事を休む、ということは一度もありませんでした。

高木
彼女をアトレーに乗せたのか…。彼女か、いいな…。

修理の回数が多くなり、アトレーを廃車することに

しかし、事業を始めて10年が経過してから、少しずつ問題が出始めます。

走行距離が30万を超えたあたりから、修理の回数が多くなって行きました。

初めの頃は自分で部品を購入し、修理を続けていたのですが、遂にエンジンがブローし、また、トランスミッションのガラ音が大きくなってきました。

20代の頃なら自分で直したのでしょうが、32の時に腰をやってしまい、車の重整備は出来ない体になっていました。

修理の見積もりを取ると何と50万円近い額でした。

愛着はありますが、仕事で使う車です。

このままでは経常利益を食いつぶすだけだと判断し、お別れすることにしました。

田三郎
さすがに35万キロ乗っていれば、乗りつぶした感があるよね!
確かに…。俺は、10万キロ前後で、乗り換えることが多いな…。

ガソリンスタンドでアトレーを廃車

丁度冬でしたので、灯油を買いに行くついでに昔からずっと使っているなじみのガソリンスタンドの所長さんに車がだめになってしまった、と相談してみました。

所長さんのアドバイスで、走行距離から修理してももう売れないこと、買い取ってもらうほど車体が良い状態でないことから、廃車にすることにしました。

ガソリンスタンドでも車体の引き取りはやっているということでしたので、そのガソリンスタンドで廃車してもらうことにしました。

その所長さんと親しくさせてもらっていたこともあり、廃車にすると、店にお金が入ってくるそうで、何と無料で引き取っていただきました。

引き取っていただく費用はかかりませんでしたが、エンジンのブローした車をガソリンスタンドへ持っていかねばなりませんでした。

牽引することも考えましたが、友人関係でけん引免許を持っているものがおらず、考え抜いた結果、JAFに来ていただき運んでもらうことにしました。

そして、車の回収日前日にJAFの方に運んでいただき、無事に廃車完了です。

余計な経費は一切かかりませんでした。

所長さんにも、運んでくださったJAFの方にも感謝の念が耐えません。

車がキャリアカーに乗せられていくところに立ち会わせていただきましたが、往年の思い出がフラッシュバックし、涙が止まりませんでした。

会社を立ち上げた頃、資金繰りが苦しくて、車の中で毎日コンビニのおにぎりを一つだけ食べていたこと、今の妻と付き合っていた頃にアトレーでデートに行ったこと、苦労も楽しい思い出も私の人生の一部が常に共にあった車でした。

まとめ

愛しいアトレーを廃車にして、今はトヨタのクラウンです。

アトレーとは比べ物にならない乗り心地、快適さ、パワーです。

意外と荷物も乗ります。

クラウンに乗れるまで、私とともに働いてくれたアトレーの事を忘れることは死ぬまで無いでしょう。

入りの渋かった往年のトランスミッションも、今では素晴らしい思い出です。

Twitterでのアトレーの廃車に関連するツイート

買取不可で廃車処分しか無理な場合

ハイシャル 廃車 公式ホームページ

他の業者で買取不可で、しかも廃車費用が掛かると言われたり、事故車や故障車で査定金額が絶望的で廃車処分しか無理な場合、0円以上買取保障のハイシャルがオススメです!

ハイシャルでは、廃車に必要な名義変更手数料(1万円程度)、車両取引手数料(1~2万円程度)、レッカー代費用(3万円程度)、車両解体費用(1万円)、廃車手続き代行費用(1万円程度)がすべて無料です。

年中無休で全国に対応しており、手続きも簡単ですので、廃車を考えている人はハイシャルを利用してお得に車を処分しましょう。

ハイシャル

車をできるだけ高く売却したいなら、一括査定がオススメ


車をできるだけ高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

全国対応。最短32秒の入力。最大10社の査定。平均14万円もお得に。

かんたん車査定ガイド

車の廃車
tasaburoをフォローする
中古車売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました