修理代が高くマツダ・MPVを解体業者で廃車@沖縄県中頭郡

マツダ MPV

今回、修理代が高くマツダ・MPVを解体業者で廃車した体験談を提供してくれたのは、沖縄県中頭郡在住の45歳の女性です。

廃車したのは、色は赤色、走行距離は約15万キロ、年式は2003年式(?)のマツダ・MPVです。

転勤で沖縄に引っ越してきて中古車のMPVを買ったようですが、様々な箇所が故障して、廃車することにしたようです。

\廃車予定だった車を一括査定してみる/

この記事を読んでいる方にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡ミニバンの買取・査定で少しでも高く売るためのオススメの方法

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡車の解体業者と買取業者のメリット・デメリットを比較

修理代が高くマツダ・MPVを解体業者で廃車@沖縄県中頭郡

 性別女性
 年齢45歳
 住所沖縄県中頭郡
 下取りした車MPV(マツダ)
 走行距離約15万キロ
 年式2003年式(?)
 車の色赤色

転勤で引っ越してきた沖縄で、マツダのMPVを中古車で購入しました。

沖縄は、中古車での販売がとても盛んで、街中でもたくさんのMPVを見かけました。

ファミリー向けの車としては、とても一般的なものでした。

荷物もたくさん積むことができ、 DVDプレイヤー付きという状態で、家族にはとても好評でした。

後部座席のドアが故障

まず初めにトラブルがあったのが、後部座席のドアです。

内側からドアが開けられなくなりました。

電気系の不具合と言うよりは、部品がドアの中で破損していたようで全く開けられなくなりました。

反対側のドアは開けることができたので、後部座席は、そちらのみで乗降するようにしておりました。

田三郎
片方のドアが破損して、開けられなくなったのに修理には出さなかったんだね。
高木
確かに…。

窓の隙間から雨水

その後、台風が来た際に雨風が強くうちつけ、窓の隙間から雨水が入ってしまったようで、ドアの内部にその雨水が溜まってしまいました。

車が動くと中でその水が揺れている音がする位でした。

ドアの外側のハンドルが故障

その後、そのドアの外側のハンドルが壊れました。

こちらも、おそらく部品の劣化が問題かと思いますが、ドアを外から開けようとしたときにプラスチックのパーツが割れて外れてしまいました。

この分に関しては、近くの自動車解体の業者から中古のパーツを譲っていただき修理をしました。

近所の人でも、マツダのMPVを利用している人が多かったのですが、このドアのハンドルが劣化して割れて外れてしまうと言うトラブルはよく起こっていたようです。

沖縄は、夏は日差しがとても強く、湿度も高く、台風も多く、海風による塩害も本当に多いところなので、車のトラブルは本当に多いようです。

タイヤの内側の部品が錆びる

主人の出張で、しばらく外の駐車場に車を止めておくとタイヤの内側の別の部品が錆びてしまいました。

修理工場で、研磨をかけていただき、サビを落としてもらいました。

これも沖縄では本当によくあるトラブルだそうです。

運転中に音がするようになる

こういった状態で、しばらくMPVに乗っていたのですが、今度は運転中に音がするようになってしまったため、修理工場に持っていきました。

いろいろ調べてもらったのですが、オイル漏れの問題があると言われました。

修理代が高くMPVを手放すことを決意

エンジンを外してからの修理になると言うことで、修理代が10万円以上かかると言われてしまいました。

中古車で安く譲っていただいた車であり、小さな不具合も多く、修理してもまた他の不具合が出るのではないか… と思い、MPVを手放すことにしました。

いくつかの買取業者に問い合わせ

まず、MPVの買取ができないものかといくつかの業者に問い合わせしました。

年式が古い、走行距離が多いと言うのもあり、やはり値段がつきませんでした。

解体業者に問い合わせ

それならせめて部品取りにでも…と思い解体業者に確認してみることにしました。

家の近所の解体業、数社に問い合わせをしました。

正直、ほとんど値段はつかないだろうと思っていましたが、 3万円でMPVを引き取ってくれるとのことでした。

こんなボロボロのMPVでも、3万円で引き取ってもらえるのであれば、と思いこちらの業者で引き取ってもらうことにしました。

家からとても近いと言うのも助かりました。

手続き自体は、本当に簡単で、MPVを持ち込んだあと簡単な書類の手続きで、現金で代金をいただけました。

こちらの解体業者さんは、MPVの部品の購入以外にも、家族が所有している車の部品購入などでもお世話になっていたので、安心してお願いすることができました。

まとめ

沖縄は、 塩害などのせいで、車の劣化が早いと聞いています。

なので、中古車の販売台数がとても多いと聞きました。

その分、廃車になる車も多いかと思います。

外国では、かなり状態の悪い車も走っているのを見かけます。

日本で廃車にされた車も海外で再利用されたり部品取りの為でも再利用されるのであれば、エコロジーの面を考えても良いことだと思います。

TwitterでのMPVの廃車に関連するツイート

マツダ・MPVに関連する記事

買取不可で廃車処分しか無理な場合

ハイシャル 廃車 公式ホームページ

他の業者で買取不可で、しかも廃車費用が掛かると言われたり、事故車や故障車で査定金額が絶望的で廃車処分しか無理な場合、0円以上買取保障のハイシャルがオススメです!

ハイシャルでは、廃車に必要な名義変更手数料(1万円程度)、車両取引手数料(1~2万円程度)、レッカー代費用(3万円程度)、車両解体費用(1万円)、廃車手続き代行費用(1万円程度)がすべて無料です。

年中無休で全国に対応しており、手続きも簡単ですので、廃車を考えている人はハイシャルを利用してお得に車を処分しましょう。

ハイシャル

タイトルとURLをコピーしました