交通事故に遭いトヨタ・初代ラウムを廃車@岩手県盛岡市

ラウム

今回、交通事故に遭いトヨタ・初代ラウムを廃車した体験談を提供してくれたのは、岩手県盛岡市在住の38歳の女性です。

廃車したのは、色はパールホワイト、走行距離は3千キロ、年式は1999年式、グレードはGパッケージ、型式はEXZ10型の初代ラウムです。

雨の日に、大きな水溜りに入ってしまい、ハンドルを取られての交通事故だったようです。

走行距離も3千キロと、まだ購入してすぐの出来事だったようです。

\廃車予定だった車を一括査定してみる/

この記事を読んでいる方にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡車の買取では競合他社との相見積もりが必須な3つの理由

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡車の解体業者と買取業者のメリット・デメリットを比較

交通事故に遭いトヨタ・初代ラウムを廃車@岩手県盛岡市

 性別女性
 年齢38歳
 住所岩手県盛岡市
 廃車した車ラウム(トヨタ)
 走行距離3千キロ
 年式1999年式
 車の色パールホワイト
グレードGパッケージ
型式EXZ10型

トヨタ・初代ラウムの新車を購入

高卒で社会人として働くことになり、車が必要になりました。

田舎なので車がないと何もできません。

勤務先は車で30分はかかるところにあったので、中古車ではなく新車がいいと親に勧められてトヨタ・ラウムを購入。

親の知り合いだったので、何もわからずお任せしました。

見た目も可愛かったので5年ローンを組み、トヨタ・ラウムの購入にいたりました。

いろいろ含めて200万くらいだったと思います。

乗り始めて2年くらいした時に、交通事故を起こしてラウムを廃車することになりました。

田三郎
初代ラウムのXZ10型は1997年~2003年まで販売されていたんだ!
高木
ほー。2代目、3代目は?
3代目はないね!2代目のCZ20型が2003年から2011年まで販売されて、ラウムの歴史は終わったんだ!
なるほど。

交通事故を起こす

夜、雨が降っていた日、スピードは確か60km程度、坂道に入る手前が大きな水溜りになっていてハンドルを取られました。

すごい衝撃のあとに、気づいたら他人のうちの庭に突っ込んでいたのを覚えています。

この場所は、その後も事故が相次ぎ、整備されたと聞いています。

エアーバックがでなくてフロントガラスに頭をぶつけましたが、幸い救急車で病院に行くほどの怪我はなくすみました。

あとで聞いた話ではフロントガラスが頭の形にへこんでいたと言われましたが、たんこぶですんでます。

スピードがでてなかったので、この程度ですんだと思っています。

そこのお家の方は、すごくいいひとで携帯がつながらず連絡が取れない私に、電話を貸してくれました。

すぐに父親が会社からトラックを借りてきてくれて、クレーンで引き上げて帰りました。

後日、荒らしてしまった畑と破壊した焼却炉の片付けに、母と祖母が行ってくれて、保険で焼却炉の弁償をしました。

次の日に念のため病院に行き、全身を強く打ったので見てもらい、腰を痛めたのでリハビリに通うことになりました。

トヨタ・ラウムの廃車

保険が30万くらいおりたので、廃車費用などにあてました。

車のことは親の知り合いにお任せしました。

トヨタの方だったのですべておねがいしました。

エンジンがダメになってるので、もう廃車しかないということでした。

車の側面とかなら、廃車にならずともよかったのかなと思います。

前側の一番大事なエンジン部分が潰れたということなのでいけなかったでしょう。

気に入っていたのですごくショックでした。

廃車は20万くらいだったと思います。

リサイクルできるのを処理してもらったり、鉄くずとして買い取ってもらったり、保険でなんとかしてもらったりで、特に自分がの財布からお金を出して払った記憶はありません。

なので、諦めて次に乗れる車を探してもらいました。

ファンカーゴの新古車を購入

すぐに用意できる新古車があるということで教えていただいたのが、ファンカーゴの黒でエアロ付き。

中古車で動けばなんでもよかったのですが、代車を長いことお借りしていたので断れずそれに決めました。

この分は保険で買うことができ150万ほど、支払い的には廃車になった分を払い続けていくという形になったのです。

結局、長いこと乗ることになってしまったこの車を慎重に選べばよかった後悔があります。

わがままを言えなかった立場だったのでしょうがない部分もありますが、安い中古車にしておいて残債が少なくなった頃に新しいのを選んで相殺して払っていくとか、今思えばいろいろ方法があったなと思います。

ただ、あの時は2台分払っていかなくてはいけないのかなと思っていた私は保険がおりて安心しました。

とにかく保険を払っていてよかったなと思いました。

これで対人だったらと思うとぞっとします。

まとめ

廃車先は親の知り合いに任せていたということもありますし、若かった私は何もわからなかったので自分の意思で選んだわけではなく、そこにお願いするのが普通という意識でおねがいしました。

メーカーだったのでよかったのかなと思っています。

買取を選ばなかった理由としては、そういう情報がなかったのでわかりませんでした。

このことに関してもわかる方におねがいしてよかったなと思っています。

Twitterでのラウムの廃車に関連するツイート

買取不可で廃車処分しか無理な場合

ハイシャル 廃車 公式ホームページ

他の業者で買取不可で、しかも廃車費用が掛かると言われたり、事故車や故障車で査定金額が絶望的で廃車処分しか無理な場合、0円以上買取保障のハイシャルがオススメです!

ハイシャルでは、廃車に必要な名義変更手数料(1万円程度)、車両取引手数料(1~2万円程度)、レッカー代費用(3万円程度)、車両解体費用(1万円)、廃車手続き代行費用(1万円程度)がすべて無料です。

年中無休で全国に対応しており、手続きも簡単ですので、廃車を考えている人はハイシャルを利用してお得に車を処分しましょう。

ハイシャル

車をできるだけ高く売却したいなら、一括査定がオススメ


車をできるだけ高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

全国対応。最短32秒の入力。最大10社の査定。平均14万円もお得に。

かんたん車査定ガイド

車の廃車
tasaburoをフォローする
中古車売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました