トヨタ・カローラレビンを廃車買取@宮城県仙台市宮城野区

トヨタ・カローラレビン

今回、トヨタ・カローラレビンを廃車買取に出した体験談を提供してくれたのは、宮城県仙台市宮城野区在住の42歳の男性です。

廃車買取に出したのは、色はホワイト、走行距離は9.8万キロ、年式は昭和53年式、グレードはGT、型式はAE92のトヨタ・カローラレビンです。

中古で購入し、乗っていたようですが、故障が増え、車検も迫っていたので手放す決意をしたようです。

かなり昔の車ですが、人気車種であり、パーツ価値があるということで、買い値とほぼ同じの29万円の買取となりました。

\廃車予定だった車を一括査定してみる/

この記事を読んでいる方にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡車の買取では競合他社との相見積もりが必須な3つの理由

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡車の解体業者と買取業者のメリット・デメリットを比較

トヨタ・カローラレビンを廃車買取@宮城県仙台市宮城野区

 性別男性
 年齢42歳
 住所宮城県仙台市宮城野区
 廃車買取した車カローラレビン(トヨタ)
 走行距離9.8万キロ
 年式昭和63年式
 車の色ホワイト
グレードGT
型式AE92

トヨタ・カローラレビンの特徴

言わずとも知れずトヨタカローラレビンは、昭和時代の名車とも言われていて、特にこの前世代のAE86型は、今でもプレミアム価格が付く人気車種です。

特にエンジンの状態が良くて、無事故歴の車両であれば、何と200万円以上のプレミア値がつくのも珍しくはありません。

大きな特徴としは、ストレスなく高回転域まで小気味よく回る爽快なエンジンが売りで、走るのが趣味の人にとってはきっと虜になります。

気になるエンジンパワーは、さすがスカイラインなどには及びませんが、コンパクトなサイズの車体であったため取り回しには優れていました。

とにかく、道幅が狭い道路でもストレスを感じずにスイスイ走れるのには好感が持てました。

今では、あまり見かけないボディ形状なので、市場に出回ればたちまち高値で取引される車種のひとつでもあります。

購入したシーンは中古車で、製造から7年経過していました。

前のオーナー様がそれなりに改造を施されていて、社外ホイールや強化クラッチなどを装着していました。

とにかく、初めて乗った印象はクラッチの重さに慣れるのには時間がかかりましたね。

とにかく、踏み込んだ感覚が硬くてがっしりしているが特徴でした。

気になる燃費ですが、それなりにエンジンを回しても10km/ℓ程度は走るのでその当時のスポーティタイプの車種にしては良かったです。

ちなみに、これらの車種よりも格上のシルビアなどのクラスになれば、燃費はたちまち悪くなり10km/ℓは走りません。

ですから、走りたいがガソリン代はできるだけ安くしたい、若者のユーザーにとっては人気がありました。

その当時は、RX-7やスカイラインなども人気がありましたが、とても若者には手が届きません。

これらの車種のユーザーは、やはり、やや上の年代の人が好んで乗っていたのが記憶としても残っています。

カローラレビンのもう一つの大きなメリットは、高速道路や真っ直ぐな道でエンジン回転数を一定に保ったまま運転すると、偉い燃費が伸びたのがとても印象的でした。

エンジンが4気筒であったのも、大きなひとつの理由にあるかもしれません。

高木
トヨタ・カローラレビンに乗っていたら、女の子から「キャー、渋い、素敵!!」って言われるかな?!
田三郎
いや、それはなさそうな…。
おじさんには、モテそうだな。
いや、それはいい。

故障が多く発生

それはさておいて、この車の大きな思い出のひとつとしましては、やはり走るのが目的の車であるため、故障が多く発生しました。

特に驚いたのは、自宅に帰宅する最中に事は起きました。

なんと、いつも通っている上り坂を走っている途中で、エンジンが止まってしまったのです。

それが起きたのは、坂の終点であったのが不幸中の幸いでした。

何とか、坂を上り終え路側に寄せて停車させ、近くにある自宅へ連絡し助けを呼びましたね。

故障の原因は、タイミングベルトが劣化し、それが切れてしまっていたようです。

その他にも、エンジンを始動させるときのオルタネーターが故障したりと、とにかくトラブル続きでした。

その当時、購入した時の車両本体価格は30万円程度でしたが、修理代もそれなりに掛かりました。

カローラレビンの廃車を決意

廃車を決意したきっかけは、パワーウィンドウの窓の部分がドアの中で落下し、窓が開放している状態になってしまったからです。

しかも、車検も間近に迫っていたので、そのまま乗り続けるのか迷いましたが、走行距離も10万キロメートル近くに迫っていたので、仕方なく廃車の道を選びました。

カローラレビンを廃車買取

廃車の手続きは、当時、親の近所の知り合いにメーカーのディーラーをやっている人がいたので、その人にお願いしました。

その人に、実際に車を見せたら、例え廃車扱いにしても値段が付くかもしれないと言われました。

その人の話によれば、人気車種であり、しかも人気カラーであるため、部品を欲しがっている人も多いとのことでした。

実際には、買い値とほぼ同じ価格の29万円で買い取ってもらえたのには、とても驚いてしまいました。

もし、その人がその車種と同一メーカーの人であれば、もっと高く買い取ってもらえたかもしれません。

個人的には、使用するのに支障がある状態であったため、ゼロ査定かなと思っていたからです。

やはり、人気のある車種は、例え年月が経過しても需要があるのだなと肌で実感しました。

Twitterでのカローラレビンの廃車に関連するツイート

買取不可で廃車処分しか無理な場合

ハイシャル 廃車 公式ホームページ

他の業者で買取不可で、しかも廃車費用が掛かると言われたり、事故車や故障車で査定金額が絶望的で廃車処分しか無理な場合、0円以上買取保障のハイシャルがオススメです!

ハイシャルでは、廃車に必要な名義変更手数料(1万円程度)、車両取引手数料(1~2万円程度)、レッカー代費用(3万円程度)、車両解体費用(1万円)、廃車手続き代行費用(1万円程度)がすべて無料です。

年中無休で全国に対応しており、手続きも簡単ですので、廃車を考えている人はハイシャルを利用してお得に車を処分しましょう。

ハイシャル

車をできるだけ高く売却したいなら、一括査定がオススメ

車をできるだけ高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

全国対応。最短32秒の入力。最大10社の査定。平均14万円もお得に。

かんたん車査定ガイド

車の廃車
tasaburoをフォローする
中古車売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました