故障からスズキ・ジムニーを買い替えた体験談@岐阜県高山市

スズキ・ジムニー

今回、故障からスズキ・ジムニーを買い替えた体験談を提供してくれたのは、岐阜県高山市在住の26歳の男性です。

買い替えたスズキ・ジムニーは、パールホワイト、走行距離は6万キロで、中古で購入したクルマでした。

故障が増えてきたことで、泣く泣く買い替えを検討したようです。

現在、ジムニーの購入を検討している方や売却するか悩んでいる方に、特に参考になると思います。

このページを読んでいる人にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡SUVの買取・査定で少しでも高く売るためのオススメの方法

💡ディーラーでの車の下取りと買取業者の査定ではどちらが高い?!

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡新車・中古車の購入で失敗した体験談を50人に聞いてみた

故障からスズキ・ジムニーを買い替えた体験談@岐阜県高山市

 性別 男性
 年齢26歳
 住所岐阜県高山市
 売却した車 ジムニー(スズキ)
 走行距離 6万キロ
 年式2006年式
 車の色パールホワイト
グレードXC
型式JB-23 6型
買い替えた車ジムニー(スズキ)

中古車のジムニーの購入

24歳の時に千葉の実家を離れ、遠く岐阜県は高山市というド田舎へと引っ越してきました。

その時に購入したのがジムニー。

以前からSUV系のクルマに憧れていたことと、ノーマルでも高い走破性があり、雪深い飛騨地方には合っているだろうという思いからでした。

当時、(今もそうですが)お金がなかった僕は「中古車」で購入しました。

人生において初めて「クルマ選び」という作業を行い、ああでもないこうでもないと悩みましたが、今思えばとても楽しい作業だったなぁと思います。

スズキ・ジムニーの歴史は長いよね。1970年に販売されてから現在でも根強い人気がある軽自動車だよね!
これに買い替えたら、女の子にモテるかな…。う~ん。わからない…。

故障からジムニーを買い替え

そんなジムニーが不調を訴えだしたのが購入から2年経ったある日のこと。

エンジンオイルの警告ランプが点灯し、走行中に馬力が全然出なくなる、という致命的な症状でした。

すぐに修理に出したものの、購入したクルマ屋からは「オイル漏れは確認できない。原因は分からないが、オイルが燃焼してしまっているのではないか」という、なんともお粗末な回答でした。

ジムニーが却ってきて、しばらくするとまたランプが点灯…。

そして修理を依頼。原因不明。

返却、点灯、修理…。

当時はいつランプが付くのか不安で、乗っていてもずっとソワソワしていたと思います。

あんなに大好きだったジムニーが、いつしかストレスの元になってしまっていたのでした。

そんなある日、出張で遠出することがあり、高速道路を走っている時にランプが点灯。

馬力もなくなり、サービスエリアでギブアップ、という最悪の事態に陥る出来事がありました。

これはさすがにもう無理だと思い、次のクルマを買うことを決意しました。

購入から2年。

自分で走った距離としては1万5000キロ程でした。

あんなに狭い車だったけれど、北陸・近畿・四国、と愛犬を連れて車中泊の旅なんかもしました。

とても思い入れの深い、大切なクルマでした。

本当なら廃車になるまで乗り続けたかったんですけどね…。

高速道路を走っている時に故障は怖いね。しかも原因が不明となると。
確かに…。

新車のジムニーを購入

ちなみに、ジムニーを手放し、次に購入したクルマもジムニーでした!

しかも今度は新車!

貧乏な僕には、新車を買うなんて身の丈に合っていないことは十分自覚していました。

でも自分の中で、先代ジムニーとは「納得のいくお別れ」が出来なかったので次こそは、という思いがありました。

安月給で3年のローンは痛手でしたが、その間、大事に大事に乗ることが出来たので、まんざら間違いでもなかったなと今では思っています。

今度は新車のジムニーを買うなんて、よっぽど気に入ったんだろうね!
いいな、新車。俺は実は貧乏だから無理だな…。田三郎に裏ルートで手に入らないか今度聞いてみよう。
また高木がよからぬことを考えている…。

まとめ

今でこそ結婚し、秋には子供も生まれます。

今の、そして今後のライフスタイルを考えると、所有すべきクルマはジムニーではないと思い、今は別のクルマに乗っています。

クルマを2台も持つ余裕はないので、きっとこの先、再びジムニーに乗ることはないのだろうなと思いますが、あの6年の日々は独身時代の良い思い出となっています。

クルマは、経済的に余裕があるのならば、当然「新車」を買うのがイチバンだと思います。

綺麗だし、トラブルもありません。

でも、中古車には中古車の良さもあると思います。

前オーナーがどんな人だったかはわかりませんが、「大切に乗っていたかどうか」は、使っていく中で感じることがあります。

カタチあるものはやがて消えていきます。

それはクルマも同様で、新車であっても中古車であっても、やがて天寿を全うするという点では同じことです。

買い替えというタイミングがやってくるまでの時間が新車の方が長い、その程度の違いだと思います。

また、生活の中で深くかかわるからこそ、クルマは思い出の中にも強く残ります。

「あの時あそこへあのクルマで行ったなぁ」

精いっぱい頭を悩ませて選んだクルマ。

そのクルマたち与えてくれる記憶や思い出。

中古車には付き物となるトラブルもありますが、あとで振り返ってみれば、どんな思い出も割と良いものだと思います。

今乗っている車も中古車ですが、おそらくあと3年もしたら買い替えになるでしょう。

きっと次も中古車にすると思います。

また良い時間を共に歩める相棒に出会えたらいいなぁ、と今からワクワクしています。

ジムニー売却の関連記事

車をできるだけ高く売却したいなら、一括査定がオススメ

車をできるだけ高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

全国対応。最短32秒の入力。最大10社の査定。平均14万円もお得に。

かんたん車査定ガイド

車の買取・下取り
tasaburoをフォローする
中古車売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました