日産・キューブをトヨタディーラーで5万円の査定金額で下取り

キューブ 車内

今回、日産・キューブをトヨタディーラーで5万円の査定金額で下取りに出した体験談を提供してくれたのは、 埼玉県川口市在住、30歳(乗り換え時の年齢)の女性です。

下取り査定に出したのは、色は茶色、走行距離は4.3万キロ、年式は2008年式の日産・キューブです。

車検のタイミングで乗り換えを考えたようです。

結果的にキューブを売却したのはトヨタディーラーですが、その前に日産ディーラーでも下取り査定をしてもらい、その時の査定金額も5万円だったとのことです。

やはり、ディーラーの下取りであれば、いくら走行距離が4.3万キロとあまり乗っていなくてもそれぐらいの金額になってしまいます。

売却先のオススメは、ディーラーではなく買取業者です。

ディーラーと違い、買取に力を入れているので、高額査定になる可能性が高いです。

結果的にどこで売るにせよ、まずは買取業者で査定してみましょう。

このページを読んでいる人にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡ディーラーでの車の下取りと買取業者の査定ではどちらが高い?!

💡車のディーラーで下取り査定した50人の口コミ・評判

💡『車買取はどこがいい?』答えは『一括車査定』

日産・キューブをトヨタディーラーで5万円の査定金額で下取り

 性別 女性
 乗り換え時の年齢 30歳
 住所埼玉県川口市
 売却した車 キューブ(日産)
 走行距離 4.3万キロ
 年式2008年式
 車の色茶色
買い替えた車VOXY(トヨタ)

キューブに乗っていた理由

私は社会人になる時に必要不可欠だった為に、2008年式の日産キューブ(カラーは茶色)を購入して乗っていました。

女性だし、運転初心者だったので、小回りの利く車で検討していました。

また北関東に住んでいた為、街乗りと合わせて必要な時には山道も走れるようにということで、マーチやノートではなく、キューブを選択しました。

そこそこに小回りも利くし、室内空間も広く確保されていて、トランク部分にも荷物がある程度入るので重宝していました。

車検の年なので乗り換えを検討

しかし、通勤距離が短かったこと、結婚してからの生活環境の変化で、購入から9年目の車検を迎える年でも走行距離は4万キロ程度と少なめでした。

車検の年ということで、乗り換えの検討を始めました。

9年目という歳月と、結婚して子供ができたことで、荷物が増えたことから乗り換えを検討し始めましたが、走行距離から考えればまだ乗れるという気持ちがあり、なかなか踏み切れないのが本音でした。

乗り換え時には30歳で埼玉県川口市在住だったので、前回のように山道に備える必要はありませんでした。

乗り換えるなら家族構成を考えてワゴン車に、という気持ちがありました。

ワゴン車はセダンタイプに比べて、中古であっても値段が落ちないという理由から、新車を検討することにしました。

日産ディーラーでキューブを下取り査定

なので、まずはキューブと同じ日産車であるセレナの新型を見に行き、キューブの下取り査定もしてもらいました。

日産での査定額は5万円。

年式の古さと、タイヤの表面にヒビが入っているなどが理由でマイナスされたとのことでした。

下取りの金額に加え、セレナが新型ということもあり、希望額を大幅に上回ってしまいました。

トヨタディーラーでキューブを下取り査定

もう1つ候補に挙がっていたのが、トヨタのVOXY。

性能を比べてみて、VOXYの方が万が一の安全性が高いと感じました。

またトヨタの品質への信頼、外装・内装含め機能性が高いことから、買い替えるならVOXYにしようと決めて、次はトヨタのディーラーを訪ねました。

セレナでおおよその金額の予想は付いていたので、そこまで金額に驚くことはありませんでした。

ここでのキューブの査定は、またしても5万円。

走行距離の少なさとタイヤは履き替えて2年以内だったので、そこはプラス要素だったそうですが、やはり年式の古さだけで価格は一桁に決まってきてしまうとのことでした。

キューブの見積査定額の有効期限は1ヶ月ということで、その場は購入の際のこちらの限度額を伝え、結果は持ち帰りとしました。

検討を重ねた結果、今のうちに乗り換えておいた方がいいだろうというのと、VOXY欲しさに購入することを決意しました。

再びトヨタディーラーを来店

しかし、主人の休みの都合で1ヶ月以内には再来店できず、契約の際には再度キューブの下取り査定をしてもらうことになりました。

約1ヶ月の間、たまたまなのですが1000キロ走っていました。

すると、それだけで査定額は4万円に減りました。

前回の走行距離は42000キロ、今回は43000キロ、それだけで1万円の差が出るのかと不思議に感じました。

もし前回査定してもらっていなかったら、1ヶ月の走行距離は算出できなかったわけですから、そしたらいくらで査定するんだろうと不満に思いました。

しかし、新車購入代金の値引きとの兼ね合いで、下取り価格は当初の5万円でということになり、それならばと納得しました。

希望としては走行距離の少なさから、もう少し高い金額での買取を希望していましたが、2ヶ所で査定してもらったことで、ここが限界点なんだと知ることができました。

新車購入に絞ったことで、ディーラー査定を選択しましたが、手間の少なさでも良かったと感じています。

下取り価格は結局、査定より1万円プラスで下取りしてもらえましたが、新車を買うならここまでしか出せませんと前もって伝えたことで、下取り価格が最初の価格から減ることなく下取ってもらえたと思います。

VOXYの購入金額もほぼ希望通りで、本音を言えばもう少し下げたかったですが、こちらの交渉の力不足だったと思います。

まとめ

私は今回、トヨタのディーラーで新車購入・既存車の下取りを行いましたが、結果としては満足でした。

ディーラーということで信頼できるのと、今後のアフターフォローも期待しています。

キューブとの別れは寂しいものがありましたが、中古車として市場に出るということだったので、また新しいユーザーさんに大切に乗ってもらえるといいなと思うばかりです。

VOXYはグレードも高めのものにした分、機能も良く、何より広々としていて子供の乗せ下ろしが楽になり、乗せられる荷物の量も倍以上になり帰省も楽になりました。

その中でも1番重宝しているのは後席モニターで、子供のグズり改善に一役かってくれています。

高い買い物でしたが、大変満足しています。

キューブ売却に関連する記事

車をできるだけ高く売却したいなら、一括査定がオススメ


車をできるだけ高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

全国対応。最短32秒の入力。最大10社の査定。平均14万円もお得に。

かんたん車査定ガイド

車の買取・下取り
tasaburoをフォローする
中古車売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました