故障車のホンダ・プレリュードを下取り査定@埼玉県浦和市

プレリュード(ホンダ)

今回、故障車のホンダ・プレリュードを下取り査定に出した体験談を提供してくれたのは、埼玉県浦和市在住の22歳だった男性です。

下取り査定に出したのは、走行距離は5万キロ、昭和64年式、3代目、BA5型のホンダ・プレリュードです。

ドライブしていたら急に動かなくなったようです。

その後、修理するよりも下取り査定に出したほうがいいと勧められて、ホンダ・プレリュードを売却することになりました。

このページを読んでいる人にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡ディーラーでの車の下取りと買取業者の査定ではどちらが高い?!

💡車のディーラーで下取り査定した50人の口コミ・評判

💡『車買取はどこがいい?』答えは『一括車査定』

故障車のホンダ・プレリュードを下取り査定@埼玉県浦和市

 性別 男性
 年齢22歳
 住所埼玉県浦和市
 売却した車 プレリュード(ホンダ)
 走行距離 5万キロ
 年式昭和64年式
型式3代目 BA5型

ホンダ・プレリュードを購入した理由

当時、かっこよくて値段もそんなにしない車を探していました。

スポーツカーがよかったのですがスープラやフェアレディZには手が出ず、シルビアやシビックも検討したのですが、ホンダのエンジンが評判良いというお店のお勧めもあったのがプレリュードにした決めてになりました。

ベイブリッジをプレリュードではしるというのが流行っていましたが、あとで思えばちょっとキザな車でしたね。

田三郎
この男性はプレリュードの3代目おBA5型に乗っていたんだね。この世代には、他にBA4型、BA7型があるんだ。
高木
ふ~ん。それで、まだこの車種は販売されてるの?
ううん、2001年にインテグラに統合して、販売は終了したんだ。その時、すでに5代目で、BB5型、BB6型、BB7型、BB8型の4つがあったんだ。
この年代のプレリュードは、まだ現役で走っているかもね。
なるほどね。

プレリュードを売却した経緯

それでも初めて購入した車だったので、ある程度気に入って乗ってたけども・・・。

ある日池袋〜渋谷までドライブをしていたのですが、クラッチに違和感があり(マニュアル車でした。)走行中に突然白い煙とともにプレリュードが動かなくなりました。

場所が場所だけに(NHK前の交差点)とても恥ずかしく、周りの方の協力によって路肩に移動し、JAFを呼んで修理するはめになりました。

埼玉県川口市にあったカーショップで購入したのですが、販売員さんと友人付き合いに近い関係だったので、修理にだすよりも下取りしたほうが良いというアドバイスをいただきまして、プレリュードを売却しました。

もちろん、故障車なので10万〜15万円かと記憶しています。

本来ならもっと安かったかもしれません。

ローンも残っていたので、かなりショックだったのを覚えていますね。

希望通りの金額ではありませんでしたが、こちらも素人ですし、おまかせしてしまいました。

あとで友人に聞くと温情もあったのだろうということで、不満はありませんでした。

故障したのもマニュアル車の使い方やメンテナンスが自分自身、足りなかったのも反省点ですね。

プレリュードの査定の内容は故障車なのでグッと下がり、内装などは綺麗にしていたのでその辺をアピールしある程度汲み取ってもらった印象もあります。

自分自身、初めて買った車でしたが、悪いことですがそんなに愛着もなくマニュアル車でスポーティー、当時女性をナンパする車としてはギリギリOKでしたのでなんとなく乗ってた感じです。

故障車は、査定金額がグッと下がるのは無理ないよね。ただ、買取してくれる業者もあるから、すぐに廃車にするのはもったいないよ!
なるほどね。

スカイラインを購入

新しく私のパートナーとなったのはニッサンスカイラインでした。

GT-Rが王者だったのですが金銭的に高級車並みの金額でしたので、GTSt-typeMのガンメタリックを購入しました。

購入先は同じカーショップです。

担当してくれたのは友人付き合いもあった社長さんでした。

この方は営業力もあったのですが車の熱意もすごくあり、実際に鈴鹿等のコースでインプレッサのテスト走行に参加したと言っていました。

車に詳しく人となりも良かったので、ある意味尊敬できる人物だったのです。

納車の時、「前回の車よりもパワーがあるので気をつけてください」とのことでした。

ちなみに初めてのオートマ車です。

乗った印象はとても良く、言われた通り加速がすばらしくとても良い買い物をしたと思いました。

マニュアル車のようなエンジンブレーキで楽しんだり操っている感はありませんでしたが、乗り心地もエンジン音も抜群でした。

まとめ

プレリュードの故障後は、私は不幸しかなかったのですが、担当者がとても良い車を紹介してくれて、今ではその方にとても感謝をしています。

車の売却は事務的な査定が当たり前になっている中、このような経緯でカーショップや担当者とある程仲良くなり信頼しあえる関係を気づくのも大事ではないでしょうか。

適正価格はいまやネット等で目安はわかりますが、実際買取店に行っても、オプションも含め車の状態など素人には最適額はわかりません。

そこで売る側はアピールを多くして、まずは担当者と信頼関係を築くのがある意味高く売るためのコツといえるのではないでしょうか。

もしくは車の売却経験がある友人や知人に同行してもらい、決して事務的にはならず、後悔しないように心がけるのも大事だと思います。

私の場合は、前記のような縁があり、納得いく交渉ができたと考えます。

タイトルとURLをコピーしました