ボンネットから煙が上がりカリーナを廃車@北海道札幌市北区

カリーナ

今回、ボンネットから煙が上がりカリーナを廃車した体験談を提供してくれたのは、北海道札幌市北区在住の40歳の男性です。

廃車したのは、白色、走行距離10万キロ、昭和60年式のトヨタ・カリーナです。

高速道路で大きな音が鳴って、急激に車の速度が落ちてしまったようです。

原因は、エンジンオイルがなくなっていたことです。

カリーナは父親が大事にしていた車で、それを譲り受けたものだったので、泣く泣くの廃車だったようです。

\廃車予定だった車を一括査定してみる/

この記事を読んでいる方にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡オススメの3つの廃車買取業者を徹底比較

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡車の解体業者と買取業者のメリット・デメリットを比較

ボンネットから煙が上がりカリーナを廃車@北海道札幌市北区

 性別 男性
 年齢 40歳
 住所北海道札幌市北区
 廃車した車 カリーナ(トヨタ)
 走行距離 10万キロ
 年式昭和60年式
 車の色 白色

免許を取って2年目くらいでした。

当時、父親が乗っていた4速MTのトヨタのカリーナを譲り受け乗っていました。

高速道路でボンネットから煙が上がる

当時の彼女と、札幌から函館を往復ドライブしていたある時の出来事でした。

復路の室蘭あたり(高速道路)で大きな音が鳴ったかと思いきや、急激に車の速度が落ちて、停まりそうだったので慌ててカリーナを路肩に寄せて停車しました。

ボンネットからは煙が立ち上がり、バッテリーは上がっているようでした。

当時、免許を取って二年目くらいですから何が起きたのか全く分かりませんでした。

ただ、エンジンがかからず煙が立ち上がりバッテリーが上がっているという事だけを認識していました。

車を降りて、ボンネットを開けると、エンジンルームに穴が開いてるのを確認しました。

どうやら、焼き付けを起こしていたようです。

後でわかった事ですが、ずっとオイルランプが点灯していましたが、私はガソリン不足だと思っていました。

しかし、エンジンオイルが無くなっている、または交換すべきサインだったことを当時はわからずそのまま乗っていました。

恐らくその影響で、エンジンが焼き付けてしまったのではないかと思います。

JAFへ連絡して、一番近いICまでカリーナの牽引を依頼

まずは、高速道路から降りなくてはならないのでJAFへ連絡し、一番近いICまでカリーナの牽引をお願いしました。

当時、学生だった私には高額で18000円くらい取られた記憶があります。

JAF会員でもありませんでした。

彼女から借りたお金で支払いました。

とりあえず、一番近い登別室蘭ICまで牽引されたと記憶しています。

専門学校の先生へ連絡して、札幌までカリーナの牽引を依頼

さらにそこから150kmをどのように帰るのかを考えました。

そこで、私と彼女は当時の専門学校の先生へ連絡しました。

すると、1時間ちょっとくらいでパジェロで来て頂き、さらに牽引ロープで札幌までカリーナを牽引してもらいました。

5~6時間かかったと思います。

何とか札幌には着きましたが、車はもうダメで廃車するしかない状況でした。

父親と相談し、カリーナを廃車することに決める

近所のスタンドの方にも見てもらいましたが、エンジンルームに穴が開いているので修理するなら買ったほうが良いとの事でした。

父親と相談し、カリーナは廃車にすることにしました。

カリーナは、父親が私が10歳の時に購入した最後の新車でとても大事に乗っていた車でしたが、当時、私も若かったので「ごめん」の一言が言えませんでした。

それはともかく、父親が仲良くしているトヨタの中古車販売店にて車を購入するのと、このカリーナを廃車にするという事になりました。

なぜこんな事になったのか店の方にも聞かれましたが、父親にも車を乗るには車を知る事だという事でこっぴどく叱責されたのを覚えています。

競馬のジョッキーも馬の事を良く知ってこそ騎乗できるものです。

恐らく、同じことが言えると思います。

当時は、エンジンオイルを交換しなくてはならないという事を覚える事が出来たので、ある意味良かったと思っています。

その後

その後、オイルエレメントやステアリングオイル、AT、エアコンフィルターなどのメンテナンス部分も徐々に覚えて行きました。

社会人になってからは、新車の購入時にメンテナンスメニューも付加されており最近は気にしなくなっています。

この事故を機に、3000kmで必ずオイル交換するようにしており、その後、父親に譲り受けたスターレットは既に100000kmでしたが、社会人になって車を購入するまでさらに80000kmまで乗る事が出来ました。

怪我の功名ではありますが、もっと車への愛着心を持つこと、感謝の気持ちを持って接する事を学びました。

ここ10年は新車しか購入していませんが、中古車に乗る事が今後あればまた同じ気持ちでメンテナンス出来る心構えを持って行きたいと思っています。

このカリーナの事故をきっかけに、廃車の処理についても勉強する事が出来ました。

Twitterでのカリーナの廃車に関連するツイート

廃車する前に、まずは一括査定を試してみよう

廃車すると、当然、お金は入ってきません。

むしろ、お金を取られる可能性すらあります。

ですが、買取業者に売却できれば、無料で引き取ってもらうどころかお金が入ってくる可能性すらあります。

もしあなたの乗っている車にまだ価値が残っているのであれば、高価買取してくれる業者が存在するかもしれません。

不動車で、事故車であっても、鉄としての価値はありますし、使えるパーツが残っているかもしれません。

ですので、廃車前に買取業者の査定を受けてみることをオススメします。

その時に、一括査定が便利です。

一社だけであれば、「廃車するしかない」と言われてしまうかもしれませんが、数社あれば売却できる可能性が上がります。

もし売却できない場合でも、無料で引き取りしてもらえる可能性もありますので、まずは試してみましょう。

かんたん車査定ガイド

買取不可で廃車処分しか無理な場合

ハイシャル 公式ホームページ

他の業者で買取不可で、しかも廃車費用が掛かると言われたり、事故車や故障車で査定金額が絶望的で廃車処分しか無理な場合、0円以上買取保障のハイシャルがオススメです!

ハイシャルでは、廃車に必要な名義変更手数料(1万円程度)、車両取引手数料(1~2万円程度)、レッカー代費用(3万円程度)、車両解体費用(1万円)、廃車手続き代行費用(1万円程度)がすべて無料です。

年中無休で全国に対応しており、手続きも簡単ですので、廃車を考えている人はハイシャルを利用してお得に車を処分しましょう。

ハイシャル

車をできるだけ高く売却したいなら、一括査定がオススメ

車をできるだけ高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

全国対応。最短32秒の入力。最大10社の査定。平均14万円もお得に。

かんたん車査定ガイド

車の廃車
tasaburoをフォローする
中古車売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました