関東マツダ港南台店でマツダ・MPVを値引き購入@神奈川県横浜市

MPV

今回、関東マツダ港南台店でマツダ・MPVを値引き購入した体験談を提供してくれたのは、神奈川県横浜市金沢区在住の35歳の男性です。

値引き購入したのは、年式は2006年式、色はコズミックブラックマイカ、グレードは20G、型式はDBA-RM1のマツダ・MPVです。

マツダ・MPVの生産は終了してしまいましたが、関東マツダ港南台店での値引き購入体験は貴重だと思います。

どのように交渉したのか、参考にしてみてください。

\下取り車があるなら、一括査定でお得に売却/

このページを読んでいる人にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡ディーラーでの車の下取りと買取業者の査定ではどちらが高い?!

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡『車買取はどこがいい?』答えは『一括車査定』

関東マツダ港南台店でマツダ・MPVを値引き購入@神奈川県横浜市

 性別 男性
 年齢35歳
 住所神奈川県横浜市金沢区
 値引き購入した車MPV(マツダ)
コズミックブラックマイカ
 年式2006年式
グレード20G
型式DBA-RM1

車を買い替えるきっかけ

最初は車を買い換える予定は無かったのですが、入院していた父が退院し、快気祝いに何か買おうと思うんだけど、何が良いだろうかと父が話していたのですが、突然そうだ車を買い換えようかと言い出したのがきっかけでした。

我が家は5人家族で毎年2回は車で旅行に行っていた為、必然的に選択肢はミニバンしかありませんでした。

第1候補がMPVとなる

今回もミニバンを買う事になるのは分かっていたので、買い換えると言う話が出てから暫くは、ミニバン特集の雑誌やカタログを読み勉強していました。

その中でメーター周りやインパネなどの使い勝手、走行性能や足回りの良さ等から、最終購入候補に残ったのがMPVとホンダ・オデッセイだったのです。

どちらの車も、カタログを見る限りでは甲乙を付けがたく最後まで迷ったのですが、最終的な決め手はスライドドアであるという理由から第1候補はMPVと言う事になったのです。

関東マツダ港南台店に行く

元々、自宅近くにマツダのお店があったのですが5年ほど前に無くなってしまった為、まずは自宅から少々離れた港南区にある関東マツダ港南台店で交渉を開始します。

実は前車もMPVに乗っていた為、整備や修理などもこのお店に依頼していた経緯があり、ディーラ担当者と面識があった事もMPVに決めた理由の1つでした。

対応が、とても親切・丁寧で人に対して気を遣ってくれるとても信頼のおける担当者です。

担当者に連絡を取り、近々車を買い換えたいと話し、候補車も既にMPVで決まっている事を伝えました。

この日は、とりあえず試乗と大まかな見積もりだけを出してもらい、帰宅しました。

値引き交渉の準備をする

帰宅後、直ぐに取りかかった事は、新車を購入するにあたって大事な事の1つ、値引き交渉の準備です。

雑誌やインターネットでの情報収集から始め、平均値引き額のチェックやオプションを付けた場合の値段などを調べて書き出していきます。

また、購入候補に挙がった何台かの候補車についても後日、試乗に行き見積もりを作成してもらったり値引き額のチェックをしたりと、交渉を行う上で比較対象になる事は一通り行いました。

これは、私の心の中では既にMPVと決まっているのですが、万が一交渉が決裂した場合や家族の意向で候補車が変わったり、メーカーの都合で販売できなくなったなど、不測の事態に備える為です。

こうした事で、また一から情報収集を始める手間を省く事ができるからです。

情報収集を終えたら、いよいよ本交渉の開始です。

値引き交渉の開始

私が購入したいMPVのグレードは、23Tと言う2300ccのターボエンジン車です。

車体価格が288万円、希望するメーカーオプションがナビなどを含めて約62万円、ディーラーオプションが約18万円の合計368万円と言う見積もりが出ています。

今回はインターネットなどの情報で、平均約50万円~65万円が値下げ額と情報を得ていた事から、見積額から約68万円値引きした約310万円を目標に設定していました。

交渉をするにあたって、私は敢えて最初から他社の見積もりや比較などを提示しませんでした。

これは、信頼している担当者だと言う事もありますが、ちまちまと腹の探り合いして交渉したくなかったからです。

ですので、まず単刀直入にこの見積金額からいくら値引きができるのかと聞いてみました。

担当者は「車体価格は30万円の値引きをさせて頂きますが、残念ながらメーカーオプションは本社からの指示で値引きができないのです。その代わりディーラーオプションを約10万円分を値引きさせて頂きます。」との返答でした。

車体価格は、決算期などの販売台数を上げる為に時期によって大幅な値引きが見込めると言う情報があったので、もう少し下がると思っていましたが、メーカーオプションの値段が下がらない事はこの時点で仕方が無いと思っていたので、ここで初めて希望金額と他社との比較書を提示する事にしました。

提示した比較書を見た担当者は「さすがによく調べて来ましたね。少しお持ち下さい。」と言い、比較書持って上司の元へと向かいました。

5分ほど経って担当者が戻り「お待たせしました。上司と相談した結果、希望金額に近い形で金額を提示させて頂きます。今は、これが限界です。」とのことでした。

田三郎
メーカーオプションの値引きは、基本的には無理だということは覚えておこう!
高木
そうなの?!
うん!だけど、ディーラーオプションはその店舗の裁量で値引きできるんだ!
なるほど!!どんなオプションがあるの?!
フロアマットやオーディオ、アルミホイール、エアロパーツ、ドアバイザー、フットレスト、ETC車載器なんかだね!
結構、色々なオプションがあるだな…。

値引き交渉の結果

最終的な金額は、車体価格が約40万円、ディーラーオプションが約18万円値引きの合計金額が約316万円でオイル交換が10回無料という内容でした。

目標金額の310万円には届きませんでしたが、オイル交換の費用を考えると、約310万円にほぼ近い値段になった為ここで印鑑を押す事に決めました。

目標金額には届きませんでしたが、調べた情報が役に立った結果の値引き額だと思っています。

タイトルとURLをコピーしました