86(ZN6型)の新車を値引き価格で購入@静岡県浜松市

86 赤色

今回、86(ZN6型)の新車を値引き価格で購入した体験談を提供してくれたのは、静岡県浜松市在住の24歳の男性です。

値引き購入したのは、色は赤色、年式は平成26年式、グレードはGTリミテッド、型式はZN6のトヨタ・86です。

ネッツトヨタ浜松店で購入したようです。

インプレッサ、86、BRZの3つで迷っていたようですが、86(ZN6型)の新車の値引き価格が予想以上だったのが決めてだったようです。

\下取り車があるなら、一括査定でお得に売却/

このページを読んでいる人にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡ディーラーでの車の下取りと買取業者の査定ではどちらが高い?!

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡『車買取はどこがいい?』答えは『一括車査定』

【動画】トヨタ86 GR 試乗インプレッション 車両紹介編

【動画】トヨタ86 GR 試乗インプレッション 試乗編

86(ZN6型)の新車を値引き価格で購入@静岡県浜松市

 性別 男性
 年齢24歳
 住所静岡県浜松市
 値引き購入した車86(トヨタ)
車の色
 年式平成26年式
グレードGTリミテッド
型式ZN6

86(ZN6型)を購入する前の車

16歳某工業高校一年生の時にガソリンスタンドでアルバイトを始め、車に関する知識とある程度の所得を蓄えはじめ、18歳高校三年生の時にこつこつ貯めたバイト代で自動車の免許を取得すると同時に人生初のマイカー購入に踏み切りました。

車種はトヨタのアルテッツァです。

当時は未成年ゆえローンが組めなかったため、貯蓄額の中で買えるマニュアルの中古スポーツセダンという絞り込みの中からこの車を購入したのですが、2年が経過し20歳を超えた頃にパワステポンプ不調、クラッチ滑りと相次いで故障が起きてしまいました。

それまでも軽微な故障というものはあったのですが、アルテッツァやMRSなどトヨタスポーツ車に精通していた担当整備士から、今後燃料ポンプの故障やイグニッションコイルの不具合など、自走ができなくなるレベルの大きなトラブルが起きる可能性があるとも聞いていたので、次の車検切れのタイミングで乗り換えようと思い、自分なりの情報収集をはじめました。

【参考】車検切れの車を売ると買取金額は安くなる?

インプレッサ、86、BRZで迷う

高校を卒業し社会人となり、成人を迎えて社会的信用を得たことでマイカーローンを組むこともできるようになっていたので、予算を思い切って350万に設定し、数ヶ月間の検討の末に最終的な候補車をスバルインプレッサWRX STI[GVB型]、トヨタ86[ZN6型]、スバルBRZ[ZC6型]の3台に絞るまでに至ったのですが、ここで新車を買うか、中古車を買うかという大きな分岐点を迎える事になりました。

というのも350万で充分に新車の最上位グレードに手が届く86/BRZに対し、当時、最も強い興味を惹かれ、アルテッツァからのステップアップ、正常進化としても候補筆頭であったスポーツセダン・WRXを予算の射程圏内におさめる為には一年落ち程度の中古車を検討せざるを得ず、新車購入は極めて困難であることが分かったからです。

高木
インプレッサ、86、BRZか…。どれもかっこいいな。女の子にモテそうな車ばかりだな。
田三郎
高木が何か羨ましそうな顔をしている…。

ネッツトヨタ浜松店で86を値引き価格で購入

多少の妥協こそあれど身の丈には合っている新車か、満足感を得られる一方で背伸びが必要な中古車かのどちらか一方の選択を迫られることとなり、新車の魅力とWRXという車への憧れとの狭間で自分の中で心が揺れてしまい結論が出せなくなったため、ひとまず祖父と父が懇意にしているネッツトヨタ浜松店と、いままでご縁が無かった静岡スバル和田店の双方を訪ねる事になりました。

これには値引き交渉と競合の為に、正直にそれぞれのディーラーへ他に検討している車種がある事を伝えて最終的な見積もり金額の提示を求め、その提示額で買える新車の86/BRZと、その新車と同等額で買える中古のWRXとを比較しようという狙いがあったのですが、想定外だったのはネッツトヨタ側の値引き額でした。

車はトヨタ、という一家の固定観念から長い付き合いのあるディーラーだったからなのか、担当営業の方が非常に熱心だった点と、店長から直々にご挨拶をいただいた後に提示された驚きの見積もり額が決定打となり、結局、その場でトヨタ86の新車購入を決定することとなりました。

他社への口外禁止を確約した上での見積もり提示でしたので、具体的な金額の表記は避けますが、静岡スバルより提示された兄弟車である同等装備のスバルBRZの新車見積もりと比べても20万以上安く、恐らくあれ以上の見積もりは他ではいただけなかったのではないかと思います。

また見積もりの上での値引きだけでなく、36カ月に及ぶ充実した点検保証もサービスしていただいた事で、納車からの3年間は消耗品による追加の出費は皆無でした。

車を購入するときは、どうしても値引き交渉に躍起になってしまい、机上の数字に踊らされがちですが、実際のところ最もオーナーの財布を苦しめると言われているのは購入費より維持費ですので、自動車の購入をされる場合は見積もり金額だけでなく点検保証の面にも目を向け、更に次の車への乗り換えまでの3年ないし5年までの期間にかかる「維持費の値引き」の交渉も同時に進めていく事をお勧めします。

トヨタ・86に関連する記事

タイトルとURLをコピーしました