マツダ・CX-5を交渉して40万円の値引き額で購入@千葉県柏市

CX-5

マツダ・CX-5を交渉して40万円の値引き額で購入した体験談を提供してくれたのは、千葉県柏市在住の34歳の男性です。

値引き購入したのは、色はメテオグレー、年式は2016年式、グレードは25S L package、型式はDBA-KE5FWのマツダ・CX-5です。

この男性の値引き交渉は特殊で、皆が真似できるものではありません。

というのも、同じ時期に、同じディーラーで新車を購入していた同僚に担当者を紹介してもらうという方法を取ったからです。

そのような同僚や友人がいなければ、成り立たない方法です。

それに、少なからず同僚や友人に迷惑が掛かる方法でもあります。

ですので、この方法を取ることができる場合でも、慎重に検討したほうがいいでしょう。

それよりも、下取り車があるのであれば、まずは買取業者に査定をしてもらい見積書を出してもらいましょう。

その見積書をディーラーに持っていけば、下取り車の査定金額をアップさせる交渉材料とすることができます。

この方法であれば、誰に頼ることなく自分一人でできる方法ですし、かなり有効な方法です。

\下取り車があるなら、一括査定でお得に売却/

このページを読んでいる人にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡ディーラーでの車の下取りと買取業者の査定ではどちらが高い?!

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡『車買取はどこがいい?』答えは『一括車査定』

新型「マツダ CX-5」発表会の動画(26分54秒)

tvk(テレビ神奈川)「クルマでいこう!」公式 マツダ CX 5の動画

マツダ・CX-5を値引き交渉して購入@千葉県柏市

 性別 男性
 年齢40歳
 住所千葉県柏市
 値引き購入した新車CX-5(マツダ)
メテオグレー
 年式2016年式
グレード25S L package
型式DBA-KE5FW

車の買い替えを検討

それまで乗っていた車が中古での購入から6年経過し、走行距離も15万キロ程となり、故障や不具合が頻発していたこともあって、SUV車の購入を色々と検討していました。

長年、外車のステーションワゴンに乗っていましたが、以前代車でSUV車に乗った際に車高の高さや、社内の広さ、乗りごごちなどに魅力を感じたことから、次の購入はSUVにしようと決めていました。

CX-5を値引き交渉して購入

日産エクストレイル、スバルフォレスター、トヨタハリアーとの4車種で悩んでいましたが、最終的にCX-5に決めたのは外観が個人的に最も魅力的だった事と、内装に関してもシンプルな作りが自分の好みにはかなり合っていた事からです。

CX-5を購入したのは柏マツダディーラーです。

まず、ありとあらゆる口コミサイト、新車販売サイトなどでどのぐらいの値引きで同様の車を購入しているのか知るのと同時に、より多くの値引きをしてもらうための知識としてどんな事が必要なのかは一応調べました。

しかし、私の場合は同僚がたまたま同じ時期に同じ車種購入を検討していた事が、CX-5の値引きにはかなり影響したと思っています。

何度も根気よく交渉して希望額まで値引きしてもらったというような記事など多く見ていましたが、私の場合は、ほんの1時間ほどの交渉で希望する値引き額でCX-5の購入が出来ましたので。

少し先にその同僚が購入していたので、まずその同僚からディーラー担当者へ、会社の同僚が購入検討しているという事を伝えてもらいました。

当然、その担当者は同僚の値引き額がいくらだったのかを、私が知っていることはわかっていて、その価格以上にはならない事はほぼ決まっているような中で交渉が出来ると考えたことから取った方法です。

その影響は大きかったと思いますが、すんなりと値引きはされました。

ただ、同僚の購入額が20~30万程私の予算をオーバーしていたので、そこは何とかしたいと交渉には望みました。

まず、担当者から額を提示されるよりも前に、こちらから先に予算から50万程低い額を提示し様子を見る事を選択しました。

主導権を取りたかったのと、特に必要だと思っていなかった装備オプションをあえて付けて提示したので、渋られた場合はひとつづつ削ってればいいだけですし、そもそもその額まで値引きされれば願ったりかなったりなので。

事前に聞いていたので知っていましたが、同僚とは家族ぐるみでかなり長い付き合いだそうで、かなり悩まれていましたが、最初に提示した額までの値引きはさすがに難しいとの結果で装備オプションを削り再交渉。

価格を上げたのと同時に、この価格で決めてもらえれば今現金でお支払いしますと付け加えました。

考えていた予算よりも10万円程安い金額です。

嘘ではなく、本当に全額現金払いだったので、もしかしたらこれも値引き交渉の際には有効になるかもしれないと行く前から考えてはいました。

この値引き額にもかなり渋られていましたが、上の物に相談してきますと離席してから10分程で「○○さん(同僚の名前です)の顔を潰すわけにはいかないので・・・」と交渉成立。

ちなみに、閉店時間が迫っていたこともあるのかもしれませんが、価格交渉自体は1時間程で終了しそのまま契約しています。

諸経費込々290万程でCX-5を購入。

予算と考えていたのは300万だったので、10万程安く購入出来ました。

ちなみCX-5の値引き額は総額で40万程です。

高木
俺には友達がいないから、ディーラーの担当者を紹介してもらって値引き交渉する方法は無理だな。
田三郎
高木が寂しい顔をしている…。

まとめ

もし友人や家族、同僚などに同じ車種・メーカーの車を同じような時期に購入しようとしている人がいれば、購入店、担当者を合わせてしまったほうが値引き額は大きくなり交渉する時間も大きく短縮できるのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました