非公開車両紹介サービスで中古車を買うメリット・デメリット

車 クロム アメリカ車

このページでは、なびくる+やズバット車販売のような非公開車両紹介のサービスで中古車を買うメリット・デメリットをお伝えします。

スポンサーリンク

非公開車両とは

疑問

まずは非公開車両とは何かの説明をします。

非公開車両とは、インターネット上には掲載されていない中古車を指します。

一般には公開されていないため、このような名前が付いています。

なぜ非公開なのかと言いますと、オートオークションで買ったり、ユーザーから買取したばからいでまだ店頭に並べる前であったり、とても「いい車」で店頭に出さなくても売れるためにとってあったり、海外の方が需要が高いとみなされている車で輸出される前だったりするからです。

非公開車両である理由は他にも様々あるのですが、実はその数がとても多いのです。

一般公開されている車が約30%で、残りの約70%が非公開車両であるとされています。

つまり、一般の人が探せる・検索できる中古車の割合というのは、非常に少ないということなのです。

なびくる+・ズバット車販売を利用すれば非公開車両が探せる

自動車 駐車場 公園 車 トラフィック 市 代替スペース 完全な 公園レベル 駐車場レベル

通常、一般の人は、非公開車両の中古車を探すことはできません。

しかしながら、一般人でも非公開車両を探し出し、買う方法があります。

それが、なびくる+やズバット車販売のような中古車探しをお手伝いしてくれるサービスです。

なびくる+やズバット車販売を使えば、毎日約500台入荷するたくさんの在庫から、あなたにピッタリの中古車を探し出すことができるのです。

これは最大手の中古車販売業者であるガリバーと提携しているから可能なことで、裏技的な方法と言えます。

なびくる+やズバット車販売で中古車を買うメリット

メリット 電球

「いい車」が見つかる

なびくる+やズバット車販売を使うことで、「いい車」が見つかる可能性が高いです。

「いい車」の定義は、人によって違いますが、例えば状態がいい車だったり、希少車種であったり、相場と比較して安い車だったりです。

何しろ、非公開車両の方が一般公開されている車両よりも断然、数が多い訳ですから、「いい車」が見つかる可能性が高いという訳です。

自分で探す手間が掛からない

一般公開されている車は約30%と言いましたが、それでも数としては膨大で、その中から自分の欲しい車を探すのはとても大変です。

しかしながら、なびくる+やズバット車販売を利用すれば、プロが希望に合う車を探して紹介してくれます。

しかも具体的な車種が決まっていなくても、漠然とこんな車が欲しいと伝えておけば、それに適する車を探し出してくれます。

例えば、「燃費がいい軽自動車を買いたい!」、「黒色で走行距離が5万キロ以内、予算が200万円以内のオープンカーを購入したい!」、「8人乗りのファミリーカーで、ボディタイプはミニバン、少し傷があってもとにかく安い車が欲しい!」のように伝えると、それに合った車を紹介してくれます。

アフターサービスがしっかりしている

最大手の中古車販売店であるガリバーが車探しをしてくれるので、アフターサービスも安心です。

有償ですが返品可能で、これも有償ですが国産車は最長で10年、輸入車は最長5年の保証があります。

非公開車両でも、車の修復歴はチェック済みですので、安心して買うことができます。

なびくる+やズバット車販売で中古車を買うデメリット

デメリット 電球

試乗できない

なびくる+やズバット車販売で中古車を買うデメリットの一つとして、試乗ができないことがあります。

これは、購入希望の車が必ずしも近くの場所に納車されている訳ではないからです。

ですので、基本的には買う前に試乗はできません。

ただし、近くに購入希望の車が納車されているケースでは試乗できる可能性もありますので、まずは担当者に聞いてみることをオススメします。

自分で車を探す楽しみがない

なびくる+やズバット車販売で中古車を買うのは便利なのですが、自分で車を探す楽しみはありません。

カーセンサーやグーネット、価格.comなどで条件を指定して、「この車、かっこいい!」、「こんな車もあるんだ!」などあ~だこ~だ言って車を探すのは楽しいものです。

しかしながら、なびくる+やズバット車販売を利用してしまうと、ギュッと絞られてしまい、その楽しみがなくなってしまいます。

ですので、その楽しみを味わいたい場合、なびくる+やズバット車販売をいきなり利用するのはやめた方がいいです。

なびくる+やズバット車販売を利用する方法としては、まずはカーセンサーやグーネット、価格.comなどで車探しを楽しんだ後に、さらに条件のいい車を求めて登録するのがオススメです。

なびくる+とズバット車販売の違い

日本人 男性 ビジネスマン 質問 考える 悩む 会話 不安 教える 疑問 回答

非公開車両で中古車を買うためには、なびくる+やズバット車販売を利用すればいいことがわかったと思います。

それでは、この両社のどちらに登録すればいいのでしょうか?

2社に違いはあるのでしょうか?

はっきり言いまして、両社に違いはありません。

なぜなら、どちらも非公開車両の中古車を探してくれるのは、大手中古車買取・販売のガリバーだからです。

ただし、なびくる+とズバット車販売は別の会社が運営していますので、ギフト券などのプレゼントキャンペーンを実施している場合はあります。

どららかがキャンペーンを実施している場合、もう1社も対抗してキャンペーンを実施しているケースが多く、そのプレゼント内容に違いがある可能性があります。

ですので、そのキャンペーンでどちらに登録するのか決めるのもアリだと思います。

なびくる+で非公開車両の中古車を探す

なびくるプラス

なびくる+で非公開車両の中古車を探すために、まずは公式ホームページに行きます。

そして、下記の画像の情報(希望車種、年式、予算(価格)、お名前(漢字)、電話番号、メールアドレス、備考欄)を入力して連絡を待つだけです。

希望車種のメーカーは、トヨタ、日産、ホンダ、三菱、マツダ、スバル、いすゞ、スズキ、ダイハツ、日本フォード、ミツオカ、レクサス、日野自動車、日産ディーゼル、三菱ふそう、キャデラック、シボレー、ビュイック、ポンティアック、サターン、フォード、リンカーン、クライスラー、ジープ、ダッジ、ハマー、アウディ、フォルクスワーゲン、オペル、BMW、メルセデス・ベンツ、AMG、ポルシェ、スマート、マイバッハ、ジャガー、ディムラー、ローバー、アストンマーチン、ロータス、ランドローバー、フェラーリ、マセラティ、アルファロメオ、フィアット、ランチア、アバルト、シトロエン、ルノー、プジョー、ボルボ、サーブ、ヒュンダイ、MG、BMWアルピナ、サンヨン、大宇、ランボルギーニ、アウトビアンキ、ロールスロイス、ベントレー、TVR、日産USA、アキュラ、米国トヨタ、ホンダアメリカ、マーキュリー、GMC、AMC、BMWハルトゲ、その他から選らぶことができます。

なびくるプラス 中古車探しスタート

希望車種、年式、予算(価格)が決まっていない場合、「こだわらない」と選択できるようになっています。

また備考欄(250文字以内)に、さらに詳しい欲しい車の情報を入力すれば、スムーズです。

また右下に「生命保険等の保険相談を希望されますか?」の項目がありますので、希望しない場合はチェックを外すようにしましょう。

公式ホームページ

なびくる+

ズバット車販売で非公開車両の中古車を探す

ズバット車販売

ズバット車販売で非公開車両の中古車を探すために、まずは公式ホームページに行きます。

そして、下記の画像の情報(メーカー/車種、予算(価格)、年式、お名前(漢字)(カナ)、電話番号、メールアドレス)を入力して連絡を待つだけです。

メーカーは、トヨタ、ニッサン、ホンダ、ミツビシ、マツダ、スバル、ダイハツ、スズキ、レクサス、イスズ、ユーノス、二ホンフォード、ミツオカ、ヒノ、ニッサンディーゼル、メルセデスベンツ、MCC、BMW、アルピナ、アウディ、フォルクスワーゲン、ポルシェ、アダムオペル、ゼネラルモータース、フォード、クライスラー、サターン、ジャガーカーズ、ローバーグループ、ランドローバー、ロールスロイス、アストンマーティン、ロータス、トライアンフ、リライアント、カーボディーズ、パンサー、モーガン、ボクスホール、フィアット、アルファロメオ、マセラティ、フェラーリ、ランボルギーニ、イノチェンティ、ザガート、モーク、ベルトーネ、サーブ、ボルボ、シトロエン、プジョー、ルノー、サンヨン、ヒュンダイから選択できます。

ズバット車販売 非公開車両の情報をGET

メーカー/車種、予算(価格)、年式が決まっていない場合、「こだわらない」と選択できるようになっています。

またその他要望欄(150文字以内)に、さらに詳しい欲しい車の情報を入力すれば、スムーズです。

また左下に「車販売 お知らせメール」の項目がありますので、希望しない場合はチェックを外すようにしましょう。

公式ホームページ

中古車探し【ズバット車販売】

車をできるだけ高く売却したいなら、一括査定がオススメ


車をできるだけ高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

全国対応。最短32秒の入力。最大10社の査定。平均14万円もお得に。

かんたん車査定ガイド

関連記事
スポンサーリンク
車を買う
スポンサーリンク
tasaburoをフォローする
中古車売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました