15万キロのトヨタ・ヴォルツを下取り査定@愛知県春日井市

ヴォルツ ヴァイブ

今回、トヨタ・ヴォルツを下取り査定に出し売却した入した体験談を提供してくれたのは、愛知県春日井市在住の37歳の男性です。

売却したヴォルツは、色はブラック、走行距離は15万キロ、年式は2002年式、グレードはS、型式はUA-ZZE136です。

買い替えようと思った理由は、やはり、その走行距離が15万キロであること、10年以上乗っていたことのようです。

また子供ができたので、もう少し車内が広い車を欲しかったのも理由のようです。

ヴォルツを乗り換え、購入した車はトヨタ・ヴォクシーです。

ヴォルツの下取り金額を上げるための交渉方法についても説明してくれているので、是非、参考にしてください。

このページを読んでいる人にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡ディーラーでの車の下取りと買取業者の査定ではどちらが高い?!

💡車のディーラーで下取り査定した50人の口コミ・評判

💡『車買取はどこがいい?』答えは『一括車査定』

15万キロのトヨタ・ヴォルツを下取り査定@愛知県春日井市

 性別 男性
 年齢37歳
 住所愛知県春日井市
 売却した車 ヴォルツ(トヨタ)
 走行距離 15万キロ
年式2002年式
 車の色ブラック
グレードS
型式UA-ZZE136
買い替えた車ヴォクシー(トヨタ)

トヨタ・ヴォルツを買った理由

当方、就職を機に愛知県に住んでいます。

愛知県は公共交通機関がある程度充実してはいますが車なしでは行けるところが限られてしまうため、友人や恋人との楽しい生活を送るために車を購入する事になりました。

購入したヴォルツに乗っていた理由ですが、この車、結構アウトドアで利用される事を意識しているのか、トランクルームが樹脂加工されており、車の汚れを気にせず荷物を積み込むことができます。

また2列目シートがフラットに倒れますので、スノーボードやゴルフなどいくらでも荷物を積める事に魅力を感じました。

内装も高級感こそありませんが、赤色に光るオプティトロンメーターが、黒色の内装とマッチし、シンプルかつスポーティで、この価格体のどの車種よりかっこよかったです。

ですが、ヴォルツの一番の魅力は走っている台数が少なかった事です。

逆輸入車という事もあってか、あまり販売に力が入っていないようで、街でもほとんど見ない車でした。

田三郎
ヴォルツは、トヨタとGMが共同開発した車で、アメリカのカリフォルニア州で生産されていたんだよね!
高木
ふ~ん。
輸入車って、乗ってるだけでモテそうだな…。
また、ヴォルツはGMではポンティアック・ヴァイブって異なった名称で販売されていたんだ!
なるほど。

ヴォルツを買い替えようと思った理由

ヴォルツを買い替えようと思ったのは、10年以上と長く乗っていた事と、走行距離も15万キロでしたので、そろそろ故障など起きないか不安だった事もありますが、子供が出来ましたので、もう少し広くて使いやすい車にしたかったのが一番の理由です。

確かに、走行距離が15万キロは買い替えの時期だよね!故障が起きる可能性も高いし、車検も高くなりやすいよね!
確かに…。俺はだいたい10万キロも乗ったら、十分だと思ってしまうタイプだな。

ディーラーに14万円でヴォルツを売却

ヴォルツはディーラーに売りました。

売却額は14万円だったと思います。

概ね希望通りでヴォルツを売れたと思います。

査定額を高くするためにディーラーを選びました。

というのは車の買い替えを有利に進めるためです。

下取り金額の交渉方法

具体的な交渉方法を説明します。

まず、今度買う車をいくらで買うかという金額を自分の中で決めておきます。

その金額は、自分でもびっくりするぐらいの強気の金額で設定します。

すると、営業はその金額に近づけるためにいろいろなアイデアを出してくれます。

キャンペーンを利用したり、オプションの価格を見直したりセット売りにしたり・・・。

その中で最後に大きく値下げに寄与するのが、下取りできる車があるかどうかです。

下取り金額は、初めは甘めについてます。

ですが、目標金額を設定し、その金額でないと買わないとなると、最後にディーラーが引けるのはこの下取り車両になるという構図です。

ですので、今回も最初3、4万しかつかなかったヴォルツの下取り金額が、14万で売れるという事になったのです。

この交渉をスムーズに進めるためにも、購入する車は人気の高いグレードや色を選んでおいた方がいいかもわかりません。

トヨタ・ヴォクシーの購入

新しく買い替えた車についてですが、こういう値下げ交渉もありまして、想定していた価格で購入できました。

ヴォクシーに決めた理由ですが、子供がいても使いやすい車だという事です。

車内空間が広々としているため、車内の移動も楽にできますので、子供がぐずついた時に便利です。

それ以外にも、前の車よりも視界が高く広いので見やすい事、高速走行時もパワーがあり、アクセルを踏み込んでもスムーズに加速できる点もいいところです。

ヴェルファイアのように車体も大きくないため、狭い道路での走行も見た目以上に小回りが利きます。

3列目のシートを起こせば、大容量の荷物も積めるというのも決めて良かった点です。

まとめ

最後にまとめます。

ディーラー以外にも車を高額で買ってもらえるところはありますが、新車を購入する時は、価格交渉ができる点でもディーラーを選択肢に入れる事はありだと思います。

それが買い替えた車の満足度にもつながると思います。

また、今回私は一括査定などを利用しませんでしたが、一括査定などを利用したした上で、ディーラーと交渉するのが一番賢い選択だと思います。

ディーラー提示価格より他の業者の査定が高ければ、その価格で交渉できますし、その価格にならなくても、高く買ってもらえる業者に売却すればいいだけですから。

後はどの形態で車を売却するにしても相手がいますので、相性のいい相手を探せるといいですね。

車をできるだけ高く売却したいなら、一括査定がオススメ

車をできるだけ高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

全国対応。最短32秒の入力。最大10社の査定。平均14万円もお得に。

かんたん車査定ガイド

車の買取・下取り
tasaburoをフォローする
中古車売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました