マツダ・MPVを買取と下取り査定に出した体験談@兵庫県豊岡市

マツダ MPV

今回、マツダ・MPVの中古車を買取と下取り査定の両方に出した体験談を提供してくれたのは、兵庫県豊岡市在住の40歳の女性です。

買取と下取り査定の両方に出したのは、黒色、走行距離は約14万キロ、平成19年式のMPVです。

最初に一括査定を利用して、高い買取金額を引き出しておいて、下取りに出すことでディーラーと交渉したようです。

その一部始終をご覧ください。

このページを読んでいる人にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡ディーラーでの車の下取りと買取業者の査定ではどちらが高い?!

💡車のディーラーで下取り査定した50人の口コミ・評判

💡ミニバンの買取・査定で少しでも高く売るためのオススメの方法

マツダ・MPVを買取と下取り査定に出した体験談@兵庫県豊岡市

 性別 女性
 年齢40歳
 住所兵庫県豊岡市
 売却した車 MPV(マツダ)
 走行距離 14万キロ
 年式平成19年式
 車の色
グレード23Cスポーティパッケージ
型式LY3P
買い替えた車エスクァイア(トヨタ)

マツダ・MPVの購入から買い替えを決めるまで

2人目の子どもが生まれるにあたり車高の高いSUVからスライドドアのミニバンに乗り換えを検討し、当時、親の知り合いが営業マンをしていたマツダでMPVについて商談したところ、60万を超える値引きをしてもらえたこと、乗っていたSUVを他社(トヨタ)での査定額を上回る査定をしてもらえたことから購入しました。

それから9年がたち、それまでにマフラーに不具合が出たり、バックドアのホースのような部品がずれ、3列目のシートベルトが出る穴から洗車の際、水が漏ったりいろんなことがありましたが、乗りつぶすつもりだったのでその都度修理し、9年目の車検を通して数か月後、前輪のキャリパーを交換しなければいけなくなりました。

そのうち後輪のキャリパーも交換しなくてはいけなくなるでしょうが、もう修理代を出す価値はないのではないか、また、上の子が中学入学を控え、通学用の自転車が乗せられるもっと車高の高いミニバンに乗り換えてはどうか、という話になりました。

田三郎
MPVはMulti Purpose Vehicleの略で、多目的な乗り物って意味だね。この意味がわかってくると、この車の使い道がわかってくるよね。
高木
なるほどね。
ただ、そんなことはどうでもいい。問題は、MPVに載っていたら女の子にモテるのか、否かということだけ。

オートバックスの一括査定を利用

ネットで調べてみると、オートバックスの一部店舗で車を持ち込み査定してもらうと、オートバックスの店員さんが中古車屋が見るサイトに詳細をアップし、各社が買い取り価格を提示してくれるという、一括査定ができることを知り、家を知られることなくMPVの買取価格が分かることから、そこを利用することにしました。

マツダ・MPVを下取り査定

オートバックスはたった5万の査定でしたが、別の中古車屋はMPVに15万の値をつけてくれ、それを元に買い替え候補のVOXYを扱ってるネッツ、エスクァイアを扱ってる兵庫トヨタへ行きました。

VOXY及びエスクァイアを選んだ理由は車高が高いわりに低床で乗りやすいこと、3列目を横に跳ね上げると2列目をかなり後ろまで下げられ車内が広く使えること、低床のため通学用の自転車を楽に乗せられること、そして価格の4点でした。

主人はVOXYの外装が気に入っており、買うならVOXYが良かったようですが、私は内装が安っぽくて気に入らず、合皮張りのエスクァイアの方が内装・装備ともによく第1候補に。

ただ、兵庫トヨタはMPVの査定が48000円と安かったため、一括査定での金額、先に見積もりを取っていたネッツの下取り価格(車検残が1年半以上あることから14万の査定がついた)を伝えて査定額アップをお願いしました。

また、オプションで付けたかったナビ(BIGX)・後部モニター(12インチ、プラズマクラスター付)・バックカメラ3点セットの価格もネッツの方が安かったので、それぐらい安くしてくれ、と交渉しました。。

さらに主人はVOXY、私はエスクァイアと気に入ってる車が違っていたため、トヨタの営業マンも値下げ交渉に積極的だったように思います。

最終的にこの価格にしてくれたら主人に判をつかせる、とたたみかけ、その結果、下取り価格が126000円にアップ、付属品・車両値引きが49万円になり、400万近かった代金が340万ほどになりました。

予算は350万程度でしたが、安ければ安いほどありがたかったので値下げ交渉には満足しています。

この女性の交渉力がすごいよね。48,000円だったMPVの査定金額が最後には126,000円になったんだから。
確かに。俺には無理そうだな。

買取か下取りか

中古車屋の査定は査定依頼時に売却したときの金額であり、納車されていなくても売却してしまうか、新車納車後査定が下がってしまった状態で売却かの2択です。

納車されるまでに売却すると代車費用がかかりますし、査定が下がった状態で売却するとなんだか損をした気分です。

査定額が少し低くても、購入先のディーラーだと査定時の価格で納車まで乗れるうえ、当時乗っていたMPVの前輪キャリパーが固着してしまい、納車まであと1週間以上あるのに乗れる状況ではなくなってしまいましたが、無料で代車(かなりいいセダン)を貸してもらえたので、私はディーラーで売却してよかったと思っています。

買取査定だと、新車の納車までに代車費用がかかるって書いてあるけど、無料の業者もあるんだ。もしくは、交渉次第で無料にしてくれたりするんだ。
なるほどね。
だから、その辺り事も踏まえて、買取か下取りか決めたいね。

TwitterでのMPVの下取り査定・買取に関連するツイート

まちゃ(@diamond___lily)さん | Twitter
まちゃ (@diamond___lily)さんの最新ツイート ⚠️ただ今整理中です。悪しからず。 茨城県

マツダ・MPVに関連する記事

車をできるだけ高く売却したいなら、一括査定がオススメ


車をできるだけ高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

全国対応。最短32秒の入力。最大10社の査定。平均14万円もお得に。

かんたん車査定ガイド

車の買取・下取り
tasaburoをフォローする
中古車売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました