フィット3ハイブリッドの値引き購入から安く買う方法を学ぶ

フィットハイブリッド

今回、フィット3ハイブリッドを値引き購入した体験談を提供してくれたのは、大分県佐伯市在住の31歳の男性です。

購入したのは、年式は2014年式、色はシルバー、グレードはHYBRID・F、型式はDAA-GP6のフィット3ハイブリッドです。

この男性が実践した車を安く買う方法は、下取り車を複数の買取業者で査定してもらうこと、購入する車の見積もりを複数で取ることの2つです。

どちらも競合の業者を競わせることで、買取金額や値引金額を上げたり、下げたりする方法です。

実は、これはとても有効な車を安く買う方法で、実践しないと損してしまう可能性が高いです。

車は高い買い物ですので、時間を掛けて取り引きすることをオススメします。

\下取り車があるなら、一括査定でお得に売却/

このページを読んでいる人にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡ディーラーでの車の下取りと買取業者の査定ではどちらが高い?!

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡『車買取はどこがいい?』答えは『一括車査定』

フィット3ハイブリッドの値引き購入から安く買う方法を学ぶ

 性別 男性
 年齢31歳
 住所大分県佐伯市
 値引き購入した車フィット3ハイブリッド(ホンダ)
車の色シルバー
 年式2014年式
グレードHYBRID・F
型式DAA-GP6

フィット3を買う時の状況

2014年に以前乗っていたキューブキュービックが走行距離13万kmを超えて、なおかつ車検が迫っていたことから、燃費が良いハイブリッドカーへの買い替えを検討して、最終的に住んでいる大分県佐伯市内にある『Honda Cars佐伯 西谷店』でフィット3ハイブリッドを購入しました。

当時は販売してまだ日が浅く、製造が追いついていなく、数か月待ちの状況でした。

ディーラーの方から「出て間もない上に、製造が追いついてないぐらいなので、本体価格の値引きはほとんどできない」と言われました。

その為、大きな値引きは出来ませんでしたが、それでもいくつか工夫をして値引きはしてもらえたので、今回はその時行ったことについて詳しく書いていきたいと思います。

乗っていた車の下取り見積もりを複数社で取る

まず、元々乗っていた車の下取り見積もりを複数社で取りました。

自分の場合は地域の中古屋だけでなく、大分市内まで含めて5社以上取った記憶があります。

見積もりは大体が同じ価格でしたが、一番低い見積もりと高い見積もりで5万程差が出ました。

実は私の場合は、買い替えまでのつなぎで車がない日があると困る状況だったので、ディーラーに下取りに出して車が来るまで代車を振ってもらうしかない状況だったのですが、他社で取った見積もりを提示することで下取り価格を4万アップすることができました。

それと本体価格の値引きが3万ぐらい入った形で見積もりをもらった後、検討する旨を伝えて持ち帰りました。

田三郎
車をいかに安く買えるのかということに集中すると、下取り車の査定金額まで頭が回らないことがあるから注意したほうがいいね!
高木
確かに!!いくら車を安く買えても、下取り車の査定金額が低かったら、あんまり意味ないよな…。
そういうこと!!

他社でも買う車の見積もりを取る

佐伯市はHonda Carsのディーラー加盟店が近くにもう1か所あったのでそちらでも同様にとり、購入車種を検討するために回った他社でも色んな車種の見積もりをすでに貰っていました。

その中で他社の商品で競合車種に当てはまる車をピックアップして、そこの店舗に向かいました。

この時点でフィット3ハイブリッドを購入することは既に決めていたのですが、競合車種の見積もりを再度、頼みました。

その際、すでにフィット3ハイブリッドの見積もりは貰っていて、大体の価格も出ている旨を伝えたうえで見積もりを頼みます。

他で購入されると売り上げも利益も0なので、当然、フィット3ハイブリッドよりも条件を良くして出してもらえます。

確かフィット3ハイブリッドより、10万程安く見積もりになっていた記憶があります。

その見積もりをもらった後、検討する旨を伝えて帰宅して後日両方の見積もりを持ってホンダへ行きました。

フィット3ハイブリッドの値引き交渉

そして「今悩んでいて、他社の方がいい条件を出してきてる。車としてはフィット3ハイブリッドの方が少し気に入っているので、同じ金額ぐらいなら購入したいと思っている。」と伝えました。

金額的に店舗のみでは判断できない値引きだったようで、少し時間を下さいと言われしばらく待ちました。

結果として「本体価格は大きく値引きができないが、多少は値引きをする。あとは小物でかかる追加料金の部分を安くする。」という事になり、結果として本体価格が初めの見積もりで3万値引きだったのがあと8万円ぐらい値引きになり、3万円分の下取りなど別項目分で値引きもしてもらえました。

まとめ

纏めると、
1回目見積もり…本体3万円引き・下取り価格4万円アップ  トータル7万お得に
2回目見積もり…本体8万円引きに・下取り価格5万アップに・他2万円値引き  トータル15万お得に。

見積もりは1度だけだと7万だったのが、競合他社を絡めたりして2度行くことで15万になるなら手間は増えますがやってよかったなと思っております。

競合他社の方があと2~3万安かったので、本当はその金額まで値引きしようと思っていたのですが、そこまではさすがに無理とはっきり言われたのであきらめました。

車を検討する際に、どこのディーラーも買ってほしいので見積もりをとりあえず出そうとしてきます。

時間がある人は、見積もりは貰っておいて損になることはありません。

値引き交渉が苦手な人でも、具体的な価格が手元にあるので、その中で値引き材料に出来そうな見積もりがあれば、それだけで値引きしてくれる可能性が高くなるので、ぜひ見積もりを取って、車の購入するまで検討外になったものも含めて持っておくことをお勧めします。

フィットに関連する記事

タイトルとURLをコピーしました