サスペンションの交換時期と費用・工賃の目安

高木
何だか最近、車からギシギシ音が鳴るんだよな~。
田三郎
ほー。
原因は何かな?!
いや、それだけじゃわからないけど…。他の症状は?
ハンドルが真っ直ぐにならなかったり、下回りをぶつけたこともあったんだけど…。
サスペンションの寿命なんじゃない?!
え?!
何年前の車だっけ?
1年前に中古車で買ったんだけど…。10年落ちの車を…。
それだったら、サスペンションの交換時期に来てるね!
そうなのか…。それで、サスペンションの交換って自分でもできるの?
いや、高木には無理だね!
そっか…。それでサスペンションの交換費用っていくらぐらいなの?
工賃とか、部品代とか、調整費用とか合わせて10~20万円ぐらいかな?!
ガ~ン…。そんなにお金ないよ…。
いっそのこと、車を売ってしまいたい…。
スポンサーリンク

サスペンションとは

車 サスペンション

サスペンションとは、車の乗り心地や操縦の安定性を高める装置のことです。

このサスペンションがないと、路面状況がもろに乗車している人に伝わり、特に凸凹した道ではかなり乗り心地が悪くなってしまいます。

そのため、現在、新車で販売されている車では、サスペンションは必ず装備されており、必要不可欠な装置となっています。

サスペンションの交換時期

カレンダー 時期

サスペンションの交換時期は、新車登録から10年以上経過した場合や走行距離が5万キロ~8万キロ以上が目安です。

もちろん、これは目安であり、車種、保管状態、週に何度走らせるか、丁寧に乗っているかなど、サスペンションの劣化スピードには差があります。

ですので、10年以上経ったからといって、走行距離が5万キロを超えたからといって、必ず交換が必要とは言えません。

おおよそ、それぐらいでショックがへたるというだけで、一概には言えません。

またこれは純正品の場合で、社外品の場合はもう少し早くサスペンションの交換時期がくるので注意が必要です。

それと、以下のような症状が出ている場合、サスペンションの劣化が懸念されますので、すぐに、車屋に見せた方がいいでしょう。

  • ギシギシ、コトコト、ガタガタ、コンコン、キコキコなどの異音がする
  • ハンドルが真っ直ぐにならず、左右どちらかに行ってしまう
  • 凸凹の道ではなく、しっかりと舗装された道路を走てっているにも関わらず、車体が前後左右に揺れる
  • タイヤが様々なストレスが働くことによって偏摩耗する
  • バンパーを地面にぶつける回数が急増する

このような症状が出ている場合、サスペンションに寿命が来ていると考えられます。

このような症状が出ている場合、年式や走行距離に関係なく、サスペンションの交換をオススメします。

サスペンションの交換費用・工賃の目安

交換費用 工賃

サスペンションの交換費用・工賃は、国産車か輸入車かで大きく異なります。

国産車であれば、2~4万円が工賃の相場で、輸入車であれば3~6万円と国産車の1.5倍ぐらいを目安に考えて頂ければいいと思います。

それに加えて、サスペンションの値段、ホイールバランス・アライメントの調整費用などが掛かり、合計で10万円から20万円ぐらい用意する必要があります。

もちろん、ディーラーで交換するのか、オートバックスのようなカーショップで交換するのかによっても費用は変わってきます。

純正のサスペンション交換を希望する場合はディーラーに行き、社外品でもいい場合はカーショップに行きましょう。

サスペンションの不具合を放置すると…

車 事故

サスペンションの不具合を放置すると、車体へのダメージがあります。

ハンドル、エンジン、ブレーキの故障ではないかと大丈夫と思っていては、危険です。

いきなり故障して、周りを巻き込む事故が起きてしまう可能性もあります。

早め、早めの行動をしましょう。

車をできるだけ高く売却したいなら、一括査定がオススメ


車をできるだけ高く売却したいなら、中古車の一括査定がオススメです。

一括査定を利用することで、すぐに愛車の相場を確認できますし、複数の会社が査定することで、車を高く売却できます。

全国対応。最短32秒の入力。最大10社の査定。平均14万円もお得に。

かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
メンテナンス
スポンサーリンク
tasaburoをフォローする
中古車売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました