ノアハイブリッドの値引き交渉から安く買う方法を学ぶ

ノアハイブリッド

今回、ノアハイブリッドの値引き交渉をした体験談を提供してくれたのは、神奈川県横浜市金沢区在住の34歳の男性です。

値引き交渉したのは、色はホワイトパールクリスタルシャイン、平成29年式、グレードはハイブリッドSi、型式はR80G/Wのトヨタ・ノアハイブリッドです。

新車を安く買うためには、値引き交渉が不可欠です。

どのようにすればいいのか、この男性の体験談や当サイトの他の人の体験談から学びましょう。

また、下取り車がある場合、まずはそこからです。

今乗っている車が高く売れれば、安く買うのと同じ効果があります。

むしろ、新車を安く買うよりも、今乗っている車を高く売る方が簡単かもしれません。

下取り車がある場合、まずはそこから考えましょう。

\下取り車があるなら、一括査定でお得に売却/

このページを読んでいる人にオススメの記事

💡中古車売却の田三郎|愛車を一番高く売るために知っておくこと(トップページ)

💡ディーラーでの車の下取りと買取業者の査定ではどちらが高い?!

💡車買取の手続きに必要な書類は何?普通と軽の違い

💡『車買取はどこがいい?』答えは『一括車査定』

ノアハイブリッドの値引き交渉から安く買う方法を学ぶ

 性別 男性
 年齢34歳
 住所神奈川県横浜市金沢区
 値引き購入した車ノアハイブリッド(トヨタ)
車の色ホワイトパールクリスタルシャイン
 年式平成29年式
グレードハイブリッドSi
型式R80G/W

乗っていたミニバンの買い替え

先月7年乗った車を買い換えました。

我が家は、両親2人・妻子供3人・私の6人家族です。

前車を購入したときは、まだ結婚前で両親2人と妹・祖父の5人家族でした。

年に2回ほど車で旅行していた事もあり、荷物が積めるミニバンに乗っていのです。

その後、妹が結婚し、祖父が亡くなった時点で1度車の買い換えを検討したのですが、良い車が見つからず買い換えのチャンスを逃しました。

程なくして私が結婚し、子供も生まれ、暫くは前車のままだったのですが、ここ2・3年は調子が悪く、年に2回は入院するなど買い換えを検討する様になりました。

年に2回ほどの入院の他に車検で約23万円、12ヶ月点検で約15万円の修理代が発生した事も買い換えを検討した理由の1つです。

買い換えを検討するにあたって、幾つかの条件がありました。

それは、両親を含めた6人が乗れる事、父か奥さんが運転できる車である事(それぞれ年に2回程しか運転しません)、税金の関係からハイブリッド車であること。

この3つ最低条件として家族から注文を出されたのです。

私は、日産・エルグランドを第1候補として考えていたのですが、ハイブリッド設定車が無いと言う理由で却下、第2候補のアルファードならハイブリッドの設定もあるし了解が得られると思っていたのですがこちらも、運転できない事はないがボディーサイズを気にしながら運転したくない・大き過ぎると父と奥さんから言われ、あえなく却下となりました。

1から条件に合った車を探す事になり、暫くは放置していたのですがある日、父からノアかヴォクシーならハイブリッド車があるじゃないかと提案されました。

恐らくテレビのCMでも見たのでしょう。

私はこのクラスの車はコストカットの固まりと言うイメージを持っていた為、購入の候補からは除外していました。

どうせ乗るなら良い車に乗りたい、そもそもこの家で車を運転するのは9割方私なのに。

しかし、父や奥さんは、首を縦に振らないし、どうしたものかと悩んでおりました。

そんな中、ある日いとこ夫婦と叔母が祖父に線香をあげに家に来る事になったのです。

いとこ夫婦とは、いとこが結婚する前からの付き合いがあり、年に2回ほど飲みに行く中でもあります。

一昨年、ハイブリッドのノアに乗り換えました。

旦那さんに、今回の買い換えの事を相談すると、「まあ仕方ないよね。うちも結局、駐車場の問題でアルファード諦めたから気持ちは分かるよ。」と慰めてくれたのです。

その後「そういえば話して無かったかな。俺の友達、ここから直ぐ近くのトヨタの営業やってるんだよ。良かったら話付けるよ。」と言われました。

私は、ノアやヴォクシーのクラスはと話すと、「大丈夫。昔のあのクラスと比べてかなり良くなってるから、きっと納得出来ると思うよ。」と言われ渋々、営業担当者を紹介して貰う事になったのです。

横浜市内のトヨタカローラ店に行く

後日、向かったのは自宅から10分程の横浜市内のトヨタカローラ店でした。

いとこの旦那さんのお友達の勤めるディーラーです。

最初は、大まかな買い換えの話と試乗をし、帰宅しました。

確かに10年程前のノアやステップワゴンの印象とは違った感じでした。

家に帰り、次回、交渉の為の資料を集め始めました。

また、いとこの旦那さんからノアを買ったときの値段や装備品、下取りの値段などを聞き参考資料を作成しました。

担当者との連絡も電話で何回かしました。

それから失礼かとは思いましたがネッツ店に伺い、ヴォクシーの見積もりと試乗も行ってきました。

2回目の交渉

2回目交渉時にはノアにするなら、このグレードで最低限付けたいメーカーオプションはこれと決まっていたので、いとこの旦那さんからの情報や純正オプションのメリット・デメリットの話をし見積もりを貰って帰ってきました。

今回、交渉材料として他社のライバル車の見積もり・試乗は一切行いませんでした。

理由は、いとこの旦那さんの顔を潰す様な事はしたくなかった事と、私自身がノアで納得がいかなければもう1度家族に話し、やっぱりアルファードが良いと家族と交渉したかった為です。

家族との交渉方法を学ぶべきだったかもしれません。

高木
俺なら、ライバル社にも見積もりをして、さらに交渉材料を増やすな!
田三郎
高木は、本当に口だけだな…。
本当は人見知りで、交渉なんてできないのに…。

3回目の交渉

3回目の交渉日。

とりあえずほぼ大まかな準備は終わったので後は、最終的な見積もりと印鑑を押すだけとなりました。

目標金額は、総額約361万円から車両価格30万円引き、メーカーオプション18万円は無理でしょうから0円引き、ディーラーオプション16万円から3割引の約11万円引きの320万円前後と設定しました。

今回は、そこまでこの車に惚れ込んでいない事もあり、大幅値引きは期待しませんでした。

そして最終的に出た数字がこちらです。

車両327万円から40万円引き、メーカーオプション18万円の値引きは0円、ディーラーオプション約16万円から10万円引きの合計総額、約311万円という結果になりました。

車両価格約40万円引きの内の10万円と、ディーラーオプション10万円引きの内の4万円は、いとこの旦那さん価格だったそうです。

ここまでして頂いたのに、買わない訳には尚のこと行かなくなりました。

この時点でもまだ悩んでいたので、私は一旦外でタバコを吸わせて欲しいと言い店を出ました。

すると担当者が一緒に出て来て「実はいとこの旦那さんから話は聞いております。色々事情があるかとは思いますが、次に買うときはアルファードに乗って頂ける様、奥様を説得させて頂きますので今回は、どうかこの条件でお願いいたします。」と言われたのです。

その瞬間、諦めがつきました。

これから数年間乗る車を契約するのに、落ち込んで契約したくなかったからです。

最終的に価格面で無理させて済みませんでしたと謝り、お礼を言って契約しました。

まとめ

今回の場合、身内の紹介でしたので参考にはならないかもしれませんが、かなり頑張って頂いた価格になったと思います。

これから愛着が沸くように大事に乗っていこうと思います。

ノアを安く買った体験談

タイトルとURLをコピーしました